映画・海外ドラマ関連のカテゴリーは新しくブログを立ち上げましたので移動しました。

Seven Forward別館


この記事はしばらくトップに置きます。

[PR]
by ts7dz | 2007-03-31 00:00 | Misc.

Rush pre-sale

チケットのファンクラブpre-saleが続々と始まってますね。
Official StoreでのUSツアーの前半は早々に終了してしまってます。

そして今現在、イギリス公演のファンクラブpre-saleがTicketmasterで始まっています。
まだアリーナの前のブロックが取れる公演もあるようですが、今回はパスですね。

カナダ公演どうしよう・・・
[PR]
by ts7dz | 2007-03-30 23:30 | ├カナダ旅行2007

4日目〔4〕 07/10/05(日) 

ボウネスはウィンダミア湖のほとりにある湖水地方の観光の中心地です。
鉄道のウィンダミア駅からは、バスで5分ほどで、歩けば30分ほどかかります。
ここから主な遊覧船やバスなどの交通機関が発着していますが、鉄道はありません。
b0018784_0583390.jpg

半日ツアーから戻って昼過ぎのボウネスに着いたら、ものすごい人でごった返していました。
この光景を見て、この時期に来た事を後悔しました。7月の週末という気候も水遊びにはぴったりの時期とあって、まるで夏の山中湖のような雰囲気(とは言っても夏の山中湖には行ったことないのでした)です。ウィンドサーフィンやボートに乗る人もいれば、湖畔で日光浴をしたり、湖の周りを散歩したり遊覧船に乗ったりと思い思いに湖で楽しんでいますが、とにかく人だらけ。列車も軒並み満席でしたから。しかも、予想以上の暑さで私もバテバテ。

More
[PR]
by ts7dz | 2007-03-30 00:59 | ├イギリス旅行2005

4日目〔3〕 07/10/05(日) 
b0018784_0392011.jpg

木がほとんど生えてない山をどんどん登っていきます。山といっても険しい山ではなくて丘のような地形です。

More
[PR]
by ts7dz | 2007-03-30 00:56 | ├イギリス旅行2005

糸が届いた

b0018784_22255810.jpg

おととい、注文してあった糸が届きました。
先週の土曜日に入荷すると連絡があったのですが、月曜になっても届かなかったので1週間経っても届かなければ連絡しようと思っていたところでした。
買ったお店は、入荷や出荷のやり取りが今ひとつという評判で初めは躊躇してましたが、商品の安さに負けてしまいました。糸って結構高いんですよ。

で、買ったのは春夏もののサマーヤーン14玉です。
一緒にかぎ針も新調して買いました。グリップが付いていて使いやすそうだったので、ちょっと高かったけど買ってしまいました。

素材は綿100%の超長綿。
まだほんちゃんで編んでなくて、ゲージ確認の試し編みの段階です。
今までこんなことやったことなかったんですが、糸も高いし失敗するのは嫌なので。
編んだ感じはよりが甘くてリボンヤーンのようなので、糸割れがしやすくてちょっと編みにくいかも。

伸縮性のない糸なので、模様編みが意外と難しくて出来上がりはいつになるやら・・・
でも、がんばって編んでみます。
[PR]
by ts7dz | 2007-03-29 22:35 | ビーズ

RUSH - Official Website

Rush.comのMLでお知らせは来てましたが、今日発表になりましたね。
それにしても、全米だけかと思いきや、ヨーロッパツアーの分まで一気に発表されたのにはちょっとビックリ。

しかし、今回は公演数が多い気がするのは私だけでしょうか。
一気に発表になったというのもあるのかもしれませんが、6/13のジョージア州アトランタを皮切りに9/21のカナダのオンタリオ州オタワまで全米を回り、10/3のイギリス、スコットランドのグラスゴーから10/29のフィンランドのヘルシンキまでがヨーロッパツアーと、約5ヶ月弱のワールドツアーです。なかなかの強行軍といった雰囲気です。

恐らくこの後に南米などを回ることになるのでしょうが、すごいです。50代とは思えないタフさですね。やはり最強のトリオでしょう。

私としては、まだ行くのは決定してないのですが、行くとしたらやはりカナダ公演狙いです。
単にアメリカに行きたくないという噂もありますが・・・(^^;)

カナダ公演:
7/18 Calgary, AB, Pengrowth Saddledome
9/12 London, ON, John Labatt Centre
9/14 Quebec City, QC, Colisee de Quebec
9/15 Montreal, QC, Bell Centre
9/19 Toronto, ON, Air Canada Centre
9/21 Otawa, ON, Scotia Bank Place

過去の経験からケベック、モントリオール、トロントの3都市だろうと予想してたのですが、今回はなんと6都市、6公演です。アメリカを回っている間にカルガリーが1公演だけ入っているのですが、恐らくこれは地理的なものか会場のスケジュールの関係でしょう。

で、今回はロンドン、ケベック、モントリオール、トロント、オタワが固まって公演が続くので、行くとしたらこのうちの2,3公演になると思います。
チケットのpre-saleはロンドン公演が4/10~で、他の公演も続いて行われるのでしょう。

ちなみに、オタワ以外全部行ったことがあります(^^;)。オタワは行ったことがないのでコメントできないですが、他の4都市に関しては比較的どこも行きやすい会場です。

ロンドン(10人中10人はイギリスのロンドンと勘違いします)は、トロントから車か列車で2時間ほど。実は去年の2月に行ってきたばかりです。トロント空港からも直行できます。会場のJohn Labatt Centreはホッケーアリーナでダウンタウンのど真ん中にあります。大物は大抵ここでやるようです。ちょっと値は張りますが、近くにデルタホテルがあるので泊まるならここに決まりでしょう。

ケベックは、Colisee de Quebec。ここもホッケーアリーナですが、複合施設でいろいろな催し物があります。ここはちょっと行きにくいかもしれません。
ダウンタウンからちょっと離れたところにあるので、行くときはバスかタクシー、もしくはレンタカーで行きます。歩いては行けません。
私が行った時は1人だったので、帰りの足がなかなか確保できずに危うく帰れなくなるところでした。2,3人いたらタクシーも捕まえるのが楽だったのかもしれませんが、タクシーを取られてしまうので1人はちょっと辛いです。

モントリオールBell Centre。ここはかつてのMolson Centre。Molsonはカナダのビール会社です。最近スポンサーが電話会社のBellに変わったようです。ここもホッケーアリーナです。2万人くらい入り、立地は私が行った中では抜群です。何せダウンタウンのど真ん中にあり、地下鉄の駅とも直結しているので、大変便利です。
近くにはバーやレストランもたくさんあり、ホテルもたくさんあるので泊まる所には困らないと思います。

トロント。言わずと知れた、カナダ一の大都会です。会場のAir Canada Centreもホッケーアリーナです。ここも地下鉄のUnion駅から歩いてすぐなので大変便利かと思います。私はてっきり、夏の暑い時ならMolson Amphithetreになるかと思ってたのですが、ちょっと寒くなってくる頃なのでちょうど良いのかも。
蛇足ですが、うまく行けば隣のRogers Centreでメジャーリーグの試合も見れるかも。

実はカルガリーも行ったことはあるのですが、ライブではなかったためこの会場は行ったことがありません。ちなみにPengrowth Sddledomeもホッケーアリーナで、ダウンタウンから電車でも行けるようです。

ということで、今年の夏~秋はカナダに行く方向で考えていますが、どうなることやら。
カナダ好きの私としては、もうカナダ以外目に入ってないという感じです(^^;)。
[PR]
by ts7dz | 2007-03-27 00:20 | ├HR/HM

週末を使って、1泊2日の京都、大阪旅行から戻りました。
今回は、友人の結婚パーティに出席するために行ったのですが、京都はおまけ。
20ウン年行ってなかったので(歳がバレますな)、今回改めて行くことにしました。
修学旅行じゃ、どこをどう行ったかなんて全然わからないし、覚えてもいないので、初めても同然でした。
結局、昼から夜にかけての回ったので、実質半日。
駆け足の観光で疲れました~

また、折を見てアップできればと思います。
まだ北海道が全然できてないのに・・・
[PR]
by ts7dz | 2007-03-26 01:11 | └国内旅行

タティングレース

今日、旅行の切符の受け取りに行ったついでに本屋へ寄ってみた。
すると、また見慣れない手芸の本が目につきました。


本当は、手芸店にビーズを見に行ったのが、春のカーディガンが欲しくなってきたので、超久しぶりに編み物でも、と思って糸とかぎ針編みの本を手芸店で探したところ気に入ったものがなかったので書店へ直行(同じフロアなので便利)。

レース編みの本を見ていると「タティングレース」の本が2種類ほどあり、ペラペラと見てみたら結構面白そうじゃないですか。普通日本で知られているのはかぎ針編みのレース。タティングはそれとはちょっと違う。
小さな船形のシャトルという糸巻きを使って結び目を作りながら模様を作っていくという手法で、ヨーロッパの古典的な手法だそう。かぎ針で一目ずつ編んでいくのともちょっと違う。
慣れるまでちょっと大変みたいですが、出来上がったら結構美しい模様になります。

でも、今回はカーディガンが目的なので、パスですね。また余裕が出来たら挑戦してみたいと思います。
最近はネットの普及でいろいろな手工芸が日本でもできるようになったので楽しいですね。日本と海外の違いもわかって面白いし。

ビーズでもよく言われるし、私も感じてるんですが、海外、特にアメリカ方面のこうしたhow to本ですが、とにかく言葉での説明が多いです。初めは私だけそう感じてたのだと思っていたら、皆さんやはり同じようなことを言っていたのでそうなんですね。日本の本は図解や写真がたくさん載っているのでわかりやすいんですけど、アメリカのビーズ本を見ながら作ってたら、本当にこの作り方で良いんだろうか???と思ったことも1度や2度ではありません。しかも、材料の説明も超アバウト。

まだ作っていないものもいろいろあるので、タティングはしばらくお預けになりそうです。
でも、新しい手芸を見つけるとなんかウキウキしてしまいます(*^o^*)。
[PR]
by ts7dz | 2007-03-18 21:51 | ビーズ

Godiegoはプログレだ

b0018784_2325432.jpg
3/16(金) 2007 Tokyo 新創世記/Godiego@東京芸術劇場

やっと観ることができました。
東京芸術劇場は初めて行ったのですが、ここはクラシック専門ホールです。正面にはパイプオルガンがあり、荘厳な雰囲気のホールです。
雰囲気的にはサントリーホールに近いと思います。
ステージにはたくさんの楽器が所狭しと置かれ、ライブの大掛かりさを感じさせていました。
1.Magic Painting
2.Suite Genesis (It's Good Be Home Again)
3.Magic Painting(refrain)
4.威風堂々
5.Gandhara

思ったことはたくさんあるのですが、ゴダイゴはやはり「プログレバンド」だったということ。今回のライブが私が最も理想的と感じたライブだったこと。最近、クラシックとロックが融合したライブに触れる機会が増えて、日本のバンドもやっとこうしたライブができるようになったと思ったこと。
このようなタイプのコンサートに少々戸惑った方もいらっしゃったのではないでしょうか。

More
[PR]
by ts7dz | 2007-03-18 00:56 | ├Godiego

北海道に行ったと思ったら、来週末にまた旅行です。

今度は、大阪の友人の結婚パーティに出席する予定なのですが、日帰りするのも何なので、修学旅行以来行っていない京都に20数年ぶり(爆)に行ってみようかと思い立ったわけです。

考えてみれば大阪から京都には特急で30分弱なので、大阪から行けないことは全くないわけです。が、いつも大阪で降りたらそこで滞在は終了してしまっていたので、近いのに行けてなかったのですね。

見方を変えれば、縁がなかったのかもしれません。
大阪に行く目的が不純なのかもしれないという噂も・・・(^^;)

ということで、ほとんど逆お登りさん状態なので、これから情報集めです。

毎年春は出費がかさむ上に、今月は北海道で散財してしまったので、ホテルはとても迷いました。なるべく安く上げようと思ったので、今回はJTBの出張パックです。でも、割り増し割り増しであんまりお得感ないです。(T_T)
極端な話、最低料金で行こうとすると、時間で縛られてしまって、よっぽど時間に余裕がある人でないと難しい日程になります。要するに、みんなが行きたい場所、時間は高く、それ以外は安いという需要と供給の問題なのですが、個人的にはあまりメリットはないです。
結局、個人で予約した場合よりもほんの少し安く上がったくらいでしょうか。

今回は時間もそれ程余裕がないので、新幹線は譲れません。
初めは飛行機の旅割で行こうかと思ってたんですが、うっかりしているうちに発売期間が終了してしまったので逃してしまいました。これで買えてれば、新幹線より安かったんですけど。
時間に余裕がないと思ったので、新幹線は別に買ってしまったので、明日払い戻してきます。
手数料高いけど、決めた順番を誤ったのが悪かったんですけど。

今回旅の計画を練っているうちにあらためて実感したことですが、日本の国内旅行ってなぜこんなにも割引率が低いんだろうと思います。
特に新幹線が高いし、飛行機も割引率が高くなければかかる時間は大して変わらないのであまりメリットも感じられないし。
結果的に旅行会社のパックの団体割引に大方持って行かれてしまってるんですよね。
しかも、日本特有(?)の特急料金がメチャクチャ高いですからね。
往復買っても、東京~大阪間くらいでは往復割引はないですから。

イギリスで何度も列車旅行しましたが、片道料金にちょっと足すだけで往復分買えてしまうという、摩訶不思議な料金システムですが、特急料金はないし、速い列車に乗りたければ「インターシティ」(って、今は言わないんでしたっけ?)を選べばいいだけのこと。
料金体系は複雑ですが、割引がものすごい種類あるし、かなりの高割引率なので選べばかなりのお得感はあるはず。
カナダでも長距離列車やバスに乗りましたが、距離からすればかなりのお得感があります。

ついつい、比較してしまうのですが、お得感があまり感じられないので、気持ちはやはり海外に向いてしまうのですよね。トータル的には海外の方がかかってるんですけど。

そんなに豪華にしなくても良いから安くしてって感じです。
それにどこに行っても食べ物で客を釣ろうとしている観光地。なんだかなぁって感じです。
そりゃ、おいしい食べ物は嬉しいですけど、どこに行っても食べ物がメインというのも、どうかと思う。食べるのには限界があるし。

つい、グチってしまいましたけど、国内と海外、得られるものは違うけど、満足感から言うと、個人的にはやっぱり海外ですか。
[PR]
by ts7dz | 2007-03-17 23:00 | └国内旅行