Tool&Tips: ビーズスレッド他

初めは一番手に入りやすい国産のSono系やMiyukiのスレッドを使っていたのですが、強度に少し欠けるかと思い、少し前に買ってあったアメリカ製の「Power Pro」を使い始めました。



国産のは多少、伸縮性もあるし、滑りも比較的良いのですが、「Power Pro」は、合成繊維のためかなりの強度があります。ハサミが傷むとか、専用ハサミを使うという声を聞く訳がやっとわかりました。普通に切ろうとするとケバケバになるだけで本当に切れないんですよ。切り方もちょっとコツがいるのですよね。だから際で切るのが難しいかな。爪切り君にも登場してもらいますか(結構、日用品使ってます。爪楊枝とかとんぼ玉の穴の掃除に歯間ブラシとか)。

また、伸縮性はほとんどなく、かなり絡まりやすいと思いました。いよいよ、ビーズワックスコンディショナーが必要になってきたかと思います。恐らく浅草橋まで出ないと手に入りにくいと思われるので、ネット通販で買うことになりそうです。

ツールは人によっていろいろ工夫してるみたいですが、愛読書(まだ定期購読してない(T_T))のアメリカの「Bead & Button」誌の初めに、読者から寄せられた面白いTipsが載ってたので思わずじっくり読んでしまいました。

あるbeaderの女性ですが、ステッチに使う針から指をいかにして守るかという対策法として、彼女はシンブル(指ぬき)を使うのが好きではないとのことで、絆創膏マスキングテープを指に巻くんだとか。確かにシンブルを買うことを考えたら安上がりだし、汚れたら捨てればいいし。
シンブルはキルトをやる人には必需品ですが、beaderにとっては細かい作業なのでつけてると作業しづらいかもしれませんね。
私も何度も指を針で刺してます。血が出る程なのでかなり痛いです。

あと、ブレスレット製作にビーズボードの代わりにゲームの「スクラブル」rack(日本語ではなんて呼んでるんでしょう。アルファベットのピースを並べるやつです)を使ってるbeaderの投稿がありました。
これもヒットでしたね。ビーズボードは買うと結構値が張る(と言っても、2000~3000円程)し、結構大きいので、私も買おうか迷っているところ。このrackがブレスレットの長さにちょうど良いんだそう。ネックレスならいくつか並べれば長さは十分だとか。
でも、日本ではスクラブルってあんまりメジャーなゲームじゃないので、ウチにもありません。
主に子供が英語のスペルを覚えるためのゲームだったりしますから、英語圏ではどこの家にも大抵あるものなんでしょう。

私はボール紙で作って目盛りでも付ければそれでいいかな、なんて考えてるところです。だって、そんなに使わないのにもったいないっていうか・・・
[PR]
by ts7dz | 2006-09-21 02:11 | ビーズ