「インターネット・マガジン」休刊

Yahoo!ニュース - impress Watch - 「インターネットマガジン」が休刊、Webを主体としたクロスメディア展開へ

Yahoo Newsより

このニュースちょっと驚きました。私が初めて買ったインターネットの雑誌で、創刊号からしばらく買ってました。正確には2号からで、創刊号は翌月に増刷されたものを買いました。
創刊からもう12年も経つんですね。



創刊の2,3年前くらい前からニフティでパソコン通信を始めてからまもなく、ニフティがTelnet経由でインターネットのメールが使えるようになり(といっても当初は日本語が送受信できませんでした)、インターネットを勉強し始めたのが最初です。

でも、当時は難しい専門書ばかりで、初心者でもわかる簡単な雑誌はなく、これが最初の専門雑誌だったのではないでしょうか。雑誌といっても、超初心者には結構むずかしくて、いろんな人に聞いたり調べたりして覚えたものです。

創刊号が完売になったのには、おそらく付録で付いていたWeb Browserやらインターネットの接続ツールが収録されたCD-ROMのせいではないでしょうか。まだ、その頃は個人でIP接続するのも簡単ではなく、NSもIEもまだ存在しなかったので、みんな飛びついたのでしょう。そのCD、まだ家にあると思います。

初めは日本語が使える環境も少なくて、結構苦労しました。でも、当時の知識のおかげで今もだいぶ助かっています。今ならWizardで設定するようなソフトもほとんどが手動で設定しなければならず大変でしたが、逆に仕組みまで理解できたのがよかったのかも。ソフトも軽くてよかった・・・

当時のネチケット(既に死語?)も、今とはだいぶ違っていて、ネットの世界も変わったものだと思います。

休刊の理由に「雑誌の役割が終了した」というのが目に入り、もうそんな時代になったのかと、しみじみ思いました。
[PR]
by ts7dz | 2006-03-30 23:15 | Computer