食材の悩み

京都に住んでると、風情があっていいねとか、京野菜とかいねとかよく言われる。

京都に住んでると言っても、いわゆる京町屋に住んでるわけでもなく、
郊外の普通のマンションに住んでます。
京町屋に住むって、大変だと思うんですよ。
間取りとか、使い勝手とか。
最大の問題は、価格や賃料だと思います。
はっきり言って高いです。
物件によっては月々の賃料は抑えられているものもあるみたいですが、
敷金や保証金が桁違いなので、初期費用がおそらく100万円を超えるもの
が多いと思います。
なので、単なる憧れだけでは住めない気がします。

あと、京野菜をはじめとする食材について。
観光客向けに売られているものも多いためか、価格が全体的に高いです。
スーパーでも安価なものもありますが、一般的に良く知られている京都の
食材は高価なものが多いです。

ちょうど今が旬のタケノコ。
うちの地域はタケノコの産地らしく、竹林がたくさんあり、タケノコを
売っている農家も多いです。
ですが、私が慣れ親しんで食べていた東日本のタケノコは太くて大きな
ものが多く、煮ても食べきれないほどの量ができてしまうことがよく
ありました。

種類が違うのだと思いますが、京都のタケノコは小ぶりで値段も高価な
ものが多いです。皮付で手のひらサイズのものがスーパーでも1個600円~
のお値段。
皮を剥いてしまったら、半分以下の大きさになってしまいます。
なんか大きさを見ただけで食べでがないなと思って、欲しいと思わなく
なってしまいます。

その中でも、「白子筍」というのが希少らしく、水煮にしたものが1袋
1500円~で売られていました。
タケノコを食べたいなと思ったのですが、どこに行っても高くて手が出ません。
仕方ないので、旬の今でも中国産の真空パックのもので我慢してます(;_:)。
煮物なんかには、旬の今なら自分で茹でたタケノコをゴロゴロ入れたいんですけどね。

たまたまスーパーで見つけた九州産のものが比較的大きくて手ごろな値段で
買えそうだと思ったのですが、いろいろ高いものを見てきて気持ちが萎えて
しまいました。

他にも漬物や豆腐なんかも、京都特産を謳っているものは高価なものが多く、
結局全国的に出回っている商品を買ってしまっています。
お土産として買うには多少高価なものでも良いと思うのですが、普段使いに
そこまでお金はかけられないので。

有名な千枚漬けなんかも買いません。
お土産用にならない傷物を小さく刻んだものは安く売ってるので、買うとしたら
そういうのになっちゃうかなぁ。
冬場に聖護院蕪はスーパーでも安く買えますが、まだ家で漬けたいとは
思わないですね。

いろいろ、高い高いと言ってきましたが、比較的安く手に入る京都の食材
で気に入っているものがあります。
これは旬の時期にもよりますが「九条ネギ」。
比較的安く手に入ります。
味噌汁に入れてもおいしいし、薬味としてもおいしい。

ま、一般的な京野菜の位置づけって、関東でいういわゆる鎌倉野菜みたいな
感じで、よそから大量に入ってくる野菜に比べて生産量が少ないので
どうしても高くなっちゃいますよね。

それから、油揚げ。
こちらは豆腐が特産品なので、豆製品がいろいろあります。
私が気に入っているのはいわゆる「京揚げ」です。
肉厚で長さが30センチくらいある大きな油揚げです。
肉厚なので、味噌汁に入れても食べごたえがあるし、フライパンや網で
焼いて生姜醤油で食べてもおいしい。
煮物に入れても具材として十分存在感があるので、厚揚げのような
感覚で食べられる。
製造元によっては1枚200~300円のものもありますが、私は100~150円
程度のものをよく買ってます。

一方、関東でいう普通の油揚げも売ってますが、こちらでは薄揚げと
呼ばれてます。
ちなみに、こちらでは薄揚げを使ういなり寿司はたわら型ではなく
三角形です。おにぎりもたわら型をよく見かけます。

いわゆるお土産で買っていく、割烹などで食べるような食材は高価なもの
が多いので、うちでは買い切れないのでほとんど買ってませんけどね。
一般的に思われているような食生活は送ってないと思いますよ。

[PR]
by ts7dz | 2014-04-20 01:06 | Daily Life