Mr.Big Live/20 Jun.2009@Nippon Budokan, Tokyo

b0018784_026040.jpg


久しぶりに行ってきました。
以前は、来日するたびにコンサートに足を運んでいたのですが、最後に行ったのがいつのことだったか忘れてしまっていたほどでした。
そういえば、Paulが抜けてRichie Kotzenに変わっていたし、当時のアルバムも目新しさがなくなってしまっていた、確か最後のライブは行かなかったような気がします。
確かにActual Sizeとか曲の記憶がほとんどないです。



武道館に行くのは本当に久しぶりでした。
ここでMr. Bigのコンサートを見るのも久しぶり。
最近は音楽にのめりこむ生活をしてないので、事前情報もほとんど入手せずに会場入りしました。
わくわくしながら入り口に向かうと、看板の写真を撮る人がたくさん。私も撮影しました。
すると、「写真撮影する人は石畳に上がってください」としきりに係りの人が言っていました。

中に入るとアリーナ席へ通じる細い通路を行きますが、「なんだかここってバックステージに通じる通路じゃなかったっけ?」と思いながら進むと、やっぱり関係者の控え室の扉がいくつもありました。
今となっては別にもうどうでもいいことですけど。ちょっと懐かしい(って、何がでしょう・・・(^^;)。
私たちの席はB4ブロック。
どこかな~と探すと、うーん前から真ん中へんのブロック。結構後ろじゃんと思っていると、なんだか花道があるじゃないですか。
てっきりBブロックだから左端でステージがよく見えないかと思っていたら、今回はいつもと少し違う配列になってました。
で、B4ブロックは花道の先っぽからちょっと左後ろに下がった場所で、ステージ自体からだいぶ離れていましたが、花道に出てきてくれれば数メートルの近さでした。
後ろにいた数名の男子。「こんなに近くていいのかよ~」とか「どうやってチケット取ったんだよ」とか、かなり興奮しておりました。
彼らはきっとMr.Bigのライブは初めてだったのかも。

ネットには既にたくさんのセットリストがあがっていたので、その中から拝借させていただきました。

1.Daddy, Brother, Lover, Little Boy
2.Take Cover
3.Green-Tinted Sixties Mind
4.Alive And Kickin'
5. Next Time Around
6. Hold Your Head Up
7. Just Take My Heart
8. Temperamental
9. It's For You (cover : Three Dog Night) ~
  The Planets Op.32 : Mars (cover: Holst) (Billy, Paul, Pat)
10. Pat Torpey Solo (Inc: The Long And Winding Road (The Beatles))
11. Price You Gotta Pay
12. Stay Together
13. Wild World (Acoustic)
14. Goin' Where The Wind Blows (Acoustic)
15. Take A Walk (Acoustic ~ Electric)
16. Paul Gilbert Solo (Double Neck)
17. Paul & Billy Duo (Double Neck) ~ Full Band Human Capo
18. The Whole World's Gonna Know (Double Nack)
19. Promise Her The Moon
20. Rock & Roll Over
21. Billy Sheehan Solo
22. Addicted To That Rush
- Encore 1 -
23. To Be With You
24. Colorado Bulldog
- Encore 2 -
25. Smoke On The Water (Part Change)
26. I Love You Japan
27. Baba O'riley
28. Shy Boy


オープニングは、Colorado Bulldogをもってくるかなと思ってましたが、アンコールになってました。
Daddyもオープニングにはふさわしいスピード感のあるHRナンバーなので掴みはOKでしょう。
その後もヒット曲のオンパレードでした。90年代前半の最盛期の頃の曲が中心でした。
私も少し曲を忘れていたのもあって、サビにくるまでタイトルが思い出せないのもありましたが、ほとんど知っている曲ばかりで、復習は特に必要なかったかなというベスト選曲だったと思います。
90年代のライブを思い出させてくれるような内容でした。
Ericのハスキーボイスも、BillyとPaulのトリッキーなプレイも健在だったし、Patは相変わらずBeatlesを歌ってくれましたし。(Yesterdayじゃなくてちょっとホッとした。)
オリジナル曲もさることながら、カバー曲も相変わらず幅広い選曲。
Three Dog Nightは今まで聴いたことなかったかも。ホルストの火星も入っていたとは気づきませんでした。アイアンメイデンかと思ってましたが、聞き違いだったのでしょう。
以前の武道館公演では、ELPバージョンのHawdownをやってくれましたが、観客の受けはいまいちだった気がします。

途中、アコースティックパートでは、花道の先まで出てきてくれて、メンバーの姿がよく見えました。
Wild Worldではちょっとウルッときてしまいました。
大ヒット曲のTo Be With Youでは大合唱。歌詞が簡単だからみんな歌えてましたね。
オープニングに来ると思っていたColorado Bulldogは1回目のアンコールの2曲目でした。
これで最後だろうと思っていたら2回目のアンコール。
ここでもやってくれましたね。
パートチェンジでSmoke On The Water。相変わらずみんなお茶目です。以前、武道館でやった時はアンコールではなかったけど、BillyのボーカルでDavid BowieのSuffragette Cityを学ラン姿でやってた覚えがあります。
あれはあれで面白かったですね。

そして、Mr.BigのライブではおなじみになっていたThe WhoのBaba O'rileyも良かったです。最近はCSIで聴く機会もある曲なので、知っている人も結構いたかもしれません。
最後はBillyのDave Lee Rothバンド時代のShy Boyで締めとなりました。
最後にこの曲で終わるとはなかなかで。

Mr.Bigは、Bon Joviのノリに近いものがあって、曲調が日本人の琴線に触れるような曲作りをしているのだと、ライブを観てつくづく思います。
でも、バラードからミドルテンポのキャッチーな曲、それからAddicted~やShy BoyのようなHMファンがヘドバンできるような曲まで、ほんとに幅広い曲が書けて演奏できる、今となっては貴重なバンドではないかと思います。
しかも、いろんな世代、ジャンルのカバーができる引き出しの多いバンドだと思います。
今、ヒットチャート聞いていてもこんな曲が書けるバンドいませんから。
いつまで続けてくれるのかわかりませんが、また戻ってきて欲しいと思います。

[PR]
by ts7dz | 2009-06-22 00:27 | ├HR/HM