まだ不安がつのります

先月から、色々と検査が続き、結果が出始めています。
会社の健康診断のみで人間ドックに行ってないので、個々に受け始めてしまったので何度も行く羽目になってしまっているのですが、一応専門医にはかかれているので多少の安心感はあります。
今回受けている検査はどれも会社の健康診断の項目には入っていません。




先月の胃の内視鏡検査は、ポリープはあったもののそれ以上の異常はなしということで一安心です。
そして一番の懸案だった大腸の検査は、初めての病院で受けたのですが、死ぬほど痛かったので、次の診察の時には、以前行っていた病院に戻れるよう聞いてみようと思います。
結果は、ポリープは再発しておらず、こちらも一安心。

そして、これが今一番の気がかりなのが、腹部のエコー検査。
胃の検査を受けた所でやってもらったのですが、家族の病歴を告げたら腫瘍マーカーも調べましょうということで、事前に血液検査を受けました。
そして、先週エコー検査の結果、胆のうにポリープ、脂肪肝が見つかり、さらに腫瘍マーカーも1つ高めの値が出てしまったので夏に再検査ということになってしまいました。

この値が高くなっていった場合はがんを疑うことになるので、非常に心配しています。
父をこのがんで亡くしているので、子供である私はかかる可能性は遺伝的に高いでしょう。
かからないかもしれませんが。
わかってから死ぬまでを見てきていて怖さは十分すぎるほどわかっているので、心配度マックスです。

まだ値はがんと特定される数字以下で、他の影響が出ている可能性もあるので1度の検査ではなんとも言えないのです。次の検査で同じ値で推移するか、下がればとりあえずは一安心です。
みんなこのマーカーの値で一喜一憂するそうなのですが、検査でずっと知らずに手遅れになってすぐに死んでしまうか、早期でわかって不安の種をずっと抱え続けて生きていくかなので、ジレンマですね。

検査を受けてこの歳になって、色々と体に不調が出始めてきているのを初めて実感しています。
あらためて生活習慣に気をつけなければいけないと痛感しています。

次回の再検査まで憂鬱な日が続きそうです・・・
[PR]
by ts7dz | 2009-05-26 21:54 | Daily Life