タグ:編み物 ( 34 ) タグの人気記事

b0018784_12370.jpg


知り合いにもうすぐ赤ちゃんが生まれると聞き、ベビーニット3点を急遽編んでみました。

ボンネット、ミトン、ブーツの3点です。

小さいので毛糸の使用量は全部で1.2玉くらい。指定の針だと小さかったので、ミトンは号数を変えてもう一組編みました。

ミトンは赤ちゃん用で指を作らないので編むのは楽でしたが、なにせ小さい。久々に短針5本棒針で編みました。

粗はありますが、そこそこ形にはなっていると思うので、プレゼントしようと思います。新生児用なので、2、3回くらいしか使えないかもですが。

ハンドメイド
[PR]
by ts7dz | 2016-06-03 01:03 | 編み物 | Comments(0)

使いかけで、他に使い道のなさそうな並太の毛糸が一つだけあったので、それであみねこさんを編んでみようと思いました。

※「あみねこ」の著作権はねこやまさんにあります。

手足は白にしました。


同じ種類の色違いの糸にしたかったんですが、見つからなくてとりあえず中途半端にほどいた同じような白い糸があったのでそれで編んでみました。
微妙に太かったようで、口を作ったらなんだか大きいので違う白い糸を探して編んでみた。
各パーツを編んでいくうち、最後の尻尾で茶色の糸が足りなくなり、口に使った糸で尻尾の根元を編む。

b0018784_17365138.jpg


b0018784_17365870.jpg


で、こんな感じで完成~

顔を作るのが難しかったです~
編地に刺繍するのが苦手なので、フェルトをアップリケ。

正座できる編みぐるみはなかなかないので、楽しい!
このぬぼーっとした感じがイイです。
それと、余った糸で作れるところもイイ。

名前をみなさんつけているようですが、この子はまだついてません。
なんていう名前にしようかなぁ。

チョコレートっぽい色だから、チョコさんとか?

もうちょっとしたら2号もあもうかなぁ。

ハンドメイド
[PR]
by ts7dz | 2016-02-21 17:55 | 編み物 | Comments(0)

今回靴下に使った糸は、ノルウェーの人気ニットデュオのアルネ&カルロスとコラボしたドイツのソックヤーン、REGIAを使いました。

糸の太さは4plyで日本で言うとやや細めの中細くらいでしょうか。
輪針は、これも今回初めて使ったのですが、これもドイツのメーカーのaddiの輪針。
80cmの1号針(2.5mm)です。
輪針もちょっとお高めですが、やはりみなさんこぞって使っているだけあって、とても使いやすい。
針とケーブルの境目が滑りやすくなっているとのことでしたが、やはり使いやすいと思います。

編んでみて、はっきり言って糸は細くて編地は細かいです。
よく初心者向けに紹介されている編み方は、わかりやすいように太めの糸を使っていることが多いのですが、糸が太くなれば編地も厚くなります。

結果、靴下の形にはなっても室内履きくらいにしかならないことも多いようで、厚すぎて靴が履けなくなることもあるとか。今回のは、編むのは大変でしたが編地は薄くてちゃんと靴も履くことができます。

このREGIAの段染めの糸は、アルネ&カルロスの作品でも頻繁に使われていますが、メリヤス編みを編むだけで編込みのような模様が出る面白い糸です。これは、編込みにありがちな厚地にならずに柄が出るとても便利な糸だと思います。

せっかく靴下を編むのだから、ちまたでこっそり人気のソックブロッカーを使って形を整えてみようと思いました。
通販でも何か所かのお店で売っているのですが、安いところでも一組1500円~とちょっと考えてしまいました。
あちこち見ていたら、自作されている方もいらっしゃるじゃないですか。

b0018784_1291830.jpg

ということで、私もマネさせていただきました。

型紙はKeitoyaさんにあったものを使わせていただきました。
材料はクリーニングでもらえる針金ハンガー。これを手で曲げただけのものです。


b0018784_129444.jpg

出来上がった靴下を履かせてみました。
一度水通しをし、元ハンガーなのでそのままひっかけて陰干しもできます。


b0018784_129416.jpg

乾いたので履いてみました。

マロンが面白がってガウガウしてます^_^;

引っ越しとかで2ヶ月ほど何もできない時期が入ってしまったので、出来上がりまで4ヵ月くらいかかっちゃいましたが、初めて靴下が編めて楽しかったです。

お店に行くとついソックヤーンを探してしまいますが、靴下に適した糸で日本のものはあまりないのでちょっと寂しいですね。
中細の糸はたくさん売っていますが、普通の純毛の糸で靴下を作ってしまうと、履いている間に足と床や靴との摩擦で編地がフェルト化してしまうのです。このREGIAもそうなのですが、アクリル混で防縮加工がされていて摩擦にも強くなっています。日本のメーカーではハマナカのコロポックルが近いでしょうか。
とはいっても、手編みの靴下なので、お手入れは手洗いの方が良いと思います。

ハンドメイド
[PR]
by ts7dz | 2016-02-18 12:38 | 編み物 | Comments(0)

去年の秋、まだ京都にいた頃に靴下を編んでみようと、ワークショップに参加してみました。

実は、靴下を編むのは2度目。
もう3,4年前に編んでみたくなって本を買って編み始めてみたものの、かかとの編み方でつまづいて放置していました。

で、今回参加させてもらったのは、京都の長岡京にある小さな毛糸ショップ「いとへん」さんで募集していたワークショップでした。参加前に1,2度お邪魔させていただいていていました。

最近、編み物好きの人たちの間で流行っている(?)のが海外のパターンを使って編むショールや靴下です。
ちょっと上級者向けなのですが、日本の編み図やデザインに物足りなくなった人たちがこぞって編まれています。

今回、教えていただいたのはそういった海外の編み方からのもので、私が挫折した日本の編み方とは少し違っています。一般的な日本の編み物本に載っている靴下の編み方と言えば、履き口から編むものがほとんどです。なので、かかとでカーブを作って目を休ませたり拾ったり、つま先まで行けば最後は目を拾ってとじるというという作業になります。今回の編み方は、トゥアップといってつま先から編みます。
b0018784_2339585.jpg


編み針も80cmの輪針を使い、作り目もフィギュア8とターキッシュという作り方を教えていただきました。
従来の一般的な指で作る作り目や別鎖で作る作り目しか知らなかったので目からウロコ状態。とても新鮮でした。これらのやり方はマジックループといって、靴下の両足同時編みも可能になります。日本の編み物本ではほとんど紹介されていないので、こういったワークショップやネットからの情報が今は多いと思います。
まだ未体験ですが、手袋もこの作り方で可能のようです。
いや~、便利すぎる輪針。しばらく前から輪針をメインに使ってますが、ますます出番が多くなりそうです。靴下や手袋用にと思って買った短針5本棒針の出番がますます減りますね~
[PR]
by ts7dz | 2016-02-13 23:54 | 編み物 | Comments(0)

海外のレシピ本

b0018784_0304093.jpg


編み物の課題がなかなか進まなくて現実逃避。

編み物の方は編む作業はとっくに終わっていて、後はとーっても面倒な袖付けと衿の目を拾って衿のゴム編とゴム編止め、そして仕上げのアイロンがけ。

でも、これをやらなければ基礎が終わらないので、がんばってやりますが、現実逃避をしたくてずっと前にカナダで買ってきたビーズの本を引っ張り出してパラパラとめくっています。

カナダに行くたびに買ってきたビーズの本は他にも何冊かあったのですが、京都に引っ越す時に重いのでこの一冊を除いて全て処分してしまいました。
この本からはまだ何も作ってないのですが、編み物本と違って、ビーズ本は多少の図解もあるので文章を全部読まなくても作ることができる作品もあります。

でも、やはりほぼ文章のみのレシピなので、読まないと作れません^_^;

海外のレシピ本を読んでいつも思うのは、日本のレシピ本は本当に優れていると思う点です。
文章の説明はもとより、図や写真もたくさん載っていてとてもわかりやすい。そして正確。

そうなんです。海外のレシピ本は結構間違いが多くて、材料の分量や説明が間違っていたりするので、注意が必要です。そして、ほぼ文章のみの作り方なので、出来上がりの図や写真をよく見ながらでないとうまく作れないこともあります。こんな感じかなぁとか。日本の本ではありえませんね^_^;

これは編み物の本も同様。編み物については、編み方はほぼ100%文章による説明なので、ビーズ本よりもよく読む必要があります。しかも、文章と言っても、編み物の専門用語を更に略した文章なので、少し読み解く練習が必要になります。

読み解くと言っても、一度覚えてしまえば複雑な文章ではないのでそれほど難しくはないと思います。

海外の手芸の本は日本のものと違って、デザインや色使いが日本のものにはないものがあったりして、斬新に見えます。課題の合間にいろいろやってみたいなぁ。

もうちょっと落ち着いたら、あれこれ本を探したり作ってみたいと思います。
[PR]
by ts7dz | 2015-09-18 00:48 | ビーズ | Comments(0)

今編んでいるもの。

2枚とも、夜になってから撮ったので色味がいまいちなんですが、今2枚のウエアを同時に編んでいます。

b0018784_23152343.jpg

【リネンのチュニック】

本に載っている編み図を使っていますが、指定の糸でないためゲージの再計算と編み図の変更をやっています。袖ぐりの変更で力尽きました(:_;)
初めてきちんと再計算と変更をやっているので、思ったよりも時間がかかってしまっていて、袖ぐりだけ描いて中断中です。編み地は袖ぐりの下まで編んであります。

b0018784_23152356.jpg

【編み物講座のプル】

本来はこっちを優先してやらないといけないんですが、なかなか添削が戻ってこなかったので他の作品に寄り道してたらだいぶ遅れてしまっています。
3日間で片袖しか編めなかった(:_;)。

講座の方はどんどん進めないと終わらないので、ひとまずきりのいい所まで作って、それが終わったらチュニックの続きに取りかかろうと思っています。

他にも作りたいものいっぱいあるんだけど、手が全然まわらない。
[PR]
by ts7dz | 2015-07-08 23:22 | 編み物 | Comments(0)

レース糸#40でドイリーを編んでみました。

b0018784_22573033.jpg


この番手で編むのは久しぶり。
病院の待ち時間に編むのにかぎ針はうってつけなので編んでみました。

b0018784_22573137.jpg


柄もいろいろあるけれど、これも超定番のパイナップル柄。
いつものことなのだけど、編んでいる時に編み地が波打ってしまって本当に平らになるのかと心配したのですが、ピン打ちして糊付けしたらまあまあな形になってくれました。
でも真ん中がちょっと渦巻いてる^^;

でもこのピン打ち、かなーり苦手。
特にレースはピンの本数が半端でないので、形を整えてピンを打つだけで30分以上かかることもあるし。
本当は台紙を作って円と放射状に線を引いて出来上がり寸法に合わせないといけないんだけれど、つい面倒で端折ってしまってます。
[PR]
by ts7dz | 2015-07-08 23:04 | 編み物 | Comments(0)

リネンのチュニックを編み始めてみた。

実は後ろ身頃の袖ぐりの所まで編めてたんですが、ゲージが合わなくなってきて丈が足りなくなってしまったので、一旦、全部ほどいてしまいました。
100段以上も編んだんだけどね。

編み直してみて、やっぱり竹針は編みやすいなぁとつくづく思ったわけで。
今回は金属の輪針でずっと編んでたんですが、滑りやすいというか、ただでさえリネンなのでツルツルと滑ってしまうし糸も細いので、目がユルユルになるし、編み上がりもいまいち。ウールならもうちょっとしっかり編めてたかもしれないけど。

ということで、また最初から編み直しです~^_^;

もう一つ、もう何十年と編み物やってますが、糸の指のかけ方を実はずっと間違えていたことにやっと気付いたんですよ。今更ながらですが^_^;
最近編んでいて、糸に撚りが食ってしまって、糸がネジネジ。編み地も何だかフニャフニャ。
ウールではあまり気にならなかったのが、リネンのように伸縮性のない糸だと、その影響がもろに出てしまうようで。

それも踏まえて、糸のかけ方に注意しながら編み直してみてます。

やっぱり竹の輪針がいいなぁ。


b0018784_16310583.jpg


今回使っている編み物の道具。
今回は2種類の糸を使っていて、1つはコーン巻。そのままだとコロコロ転がってしまうし撚りも食ってしまうので棒に立てて使っています。
これは編み物専用の道具ではなくて、キッチンペーパー立て。しかも100円で買ったものです。

その隣にあるのは、糸が転がっていかないようにしつつ糸を出せる入れ物。海外ではknitting bowlというおしゃれな道具があるそうなんですが、日本では一般にはそんなものは売ってないのでビニール紐を転がらずに崩さずに使えるという入れ物を見つけたので買ってきました。これも100円です。
目的は同じなので編み物にも使えるかと思い使ってみてます。今のところいい塩梅です。
最近では蓋にストロー穴が開いているジャーを代わりに使っている人もいるみたいですが、結構良いお値段するし、良さそうなのが100円ショップになかったのでちょうど良いかなと思って。

knitting bowlって陶器製できれいなデザインのものもあるそうなので、インテリアとしても素敵なんですけど、日本てそういうおしゃれ感覚のある道具って本当に少ないですね。実用的なことはとても大事だけど、デザインにもうちょっと遊び心があってもいいかと思うんですが。


b0018784_16310564.jpg

課題もそろそろ取りかからないといけないんだけど、暑いのでウールになかなか手が出ません。

ハンドメイド


[PR]
by ts7dz | 2015-06-25 17:05 | 編み物 | Comments(0)

暑くなってきたのでたまには毛糸の整理をしないといけないと思って毛糸箱をひっくり返してみたら、ずっと前に編んだものが出てきました。
一応、毛糸もウール製品なので、ちゃんと管理して防虫剤を入れておかないと虫が食ってしまうのですよ。

前にデパートでレースのボレロを見てすごく良いと思ったので、自分でも編めないかと本に載っていた作品を手持ちの糸で編んでみたのがこのボレロ。
売っていたのは当然こんなにしょぼいものではなく、しっかりきれいに編まれている水色や若草色のボレロだったので3万円以上の値段がついていました。

すでに指定の糸は廃盤になっていたので、番手が近い糸があったのでそれを使ってみたのだけど、これがうまく行かない行かない。
かぎ針は始めるのには易しいけど、意外とゲージを合わせるのが難しいのですよ。
結局、自己流で無理矢理合わせたので、作品としてはどうかと思うほどの出来。
それに、ウエァなのに真っ白というのもどうかと、編み上がってから思ったのでしまい込んでいました。
色はベージュとか黒なんかの方がよかったかなと思います。


b0018784_16310519.jpg

レースの柄の定番のパイナップル柄が背中一面にあしらわれているデザインです。

b0018784_16310569.jpg

また、余裕が出来たらこんな感じのものをちゃんと編んでみたいものです。


ハンドメイド



[PR]
by ts7dz | 2015-06-25 16:43 | 編み物 | Comments(0)

【編み物】試し編み

編み物講座の課題の添削がなかなか返ってこないので、糸の消化にウェアを一枚編んでみようといろいろ試し編みしてました。

b0018784_23323101.jpg
両方とも去年買ってあったもので、緑色の方は毛糸ZAKKAで買ったプロバンスシリーズのTours(トゥールズ)でリネン100%。サイトにあった編み図のタンクトップを編もうと思って買ったのだけど、引きそろえて編むのを見落としてて色の選択を間違えたのと、引きそろえの糸を買ってなかったという^_^;。
黄色の方は、コーン巻祭りでジャケ買いならぬ糸の見た目と素材で買ってしまった、これも毛糸ZAKKAのMaglie(マーリエ)でリネンとアクリルの混紡。

最初トゥールズだけでいろいろ試し編みしてみたら、やっぱりリネン100%だけだとかなりごわつくので柔らかい糸と一緒に使わないと編みにくいし、風合いもいまいちだと判断してマーリエと引きそろえてみました。フレンチリネンだともうちょっと柔らかいんでしょうけど、ちょっとお高いので。
どっちも極細タイプなので、2本取りでちょうど中細くらいの感じです。


b0018784_23323282.jpg
かぎ針も試してみましたが、いまいちだったので棒針で編んでみることにしました。二本取りがあまり慣れてないので目数を間違えたり、糸を拾い損ねたり、編み間違えが結構出そうですが、どうにかなりそうです。マーリエが所々にネップがあるのでちょっと編みにくいですが、アクセントになるといいな。

このウネウネは模様編みだけで自然に出てくるので面白いなと思いました。

<試し編みメモ>
使用糸・・・プロバンスシリーズ Tours(トゥールズ) リネン100%
      Maglie(マーリエ) リネン64% アクリル36%
使用針・・・棒針8号
ハンドメイド


[PR]
by ts7dz | 2015-06-17 23:52 | 編み物 | Comments(0)