一応、来週の大阪公演に行こうかと思って、ASIAの新譜を買ってみた。
今日届くはずです。

グラヴィタス~荘厳なる刻【通常盤CD】

エイジア/ワードレコーズ

undefined


昔はあんなに夢中になったのに、最近では近況すら知らずにいました。
新譜がいつ出たのかも知らなかったし、スティーヴが抜けてたのも知らなかったヨ。

結婚後は家事やら家の用事やら、やらなければならないことが日常的に山盛り。
特定のジャンルやバンドを追いかけるという趣味は、集中して気持ちを保たないと
続かず、精神的にとてもエネルギーを使います。お金も必要になるしね。
気の向いた時にやれるような趣味って感じではないのですよね。

なので、だんだんと気持ちも遠のき、手近にいつでもできる、子供の頃からやっている
手芸や編み物に再び戻ってる感じです。

だからと言って、音楽をきっぱり諦めてる訳ではないので、気の向いた時に好きな
音楽を適当に聴いてます。

なので、今回は、とりあえず行っておこうかと思ってチケットも買ったのだけど、
以前ほど気分が盛り上がらないなぁ。

最近はエイジアのライブに関してはついてないことが多く、今回も
家の事情で行けるかどうか微妙なところでした。

前回はライブの日程が引っ越しの一週間後だったので、やむなくチケットは
譲り、その前に行った時は、とりあえずライブには行ったものの、
親の重病でとてもライブに集中できるはずもなく、途中退場してしまいました。
気分も悪くなってしまったし。


[PR]
by ts7dz | 2014-06-12 12:23 | └Prog Rock | Comments(0)

23日にボストンの名古屋公演、無事予約できました。

チケット1枚12000円でお高いけど、35年振りで貴重な、そしてたぶん
これで最初で最後の来日公演かもしれないので、名古屋旅行も兼ねて
10月に行こうと思います。003.gif

ライフ、ラヴ&ホープ

ボストン/マーキー・インコーポレイティドビクター

undefined


半年も先だけど、チケットよりもホテルを先に手配しておきました。
空き状況を調べてた時、なぜか空き具合が少ないなと思っていたら、
同じ週末にF1の日本グランプリが鈴鹿であるというじゃないですか。

鈴鹿周辺では宿泊施設が足りないらしく、名古屋を拠点とするファンも
多いらしいので、夏頃になるとホテルの確保が名古屋市内でも難しく
なるようです。
それで納得いきました。
これはもたもたしてると名古屋に泊まれなくなる(無理すればそんな
ことないだろうけど、希望のホテルは取れなくなると思う)ので、
早々に手配ということになった訳です。

ま、泊まらなくても帰ってこれる距離ではあるけど、せっかく遠出
してるんだし、ゆっくりご飯食べて寝て帰りたいしね。

しかし、相手がまさかF1だったとは…

[PR]
by ts7dz | 2014-04-27 00:03 | ├Rock全般 | Comments(0)

明日、やっとボストンの名古屋公演の予約ができる~(*^_^*)

東京、大阪は1週間以上前に予約が始まっていて、名古屋はいつ
出るんだろうと待っていました。

うちは大阪の方が近いけど、平日の仕事帰りに行けるほど近くなく、
行くのが難しいので、週末の名古屋公演狙いで行こうと思っているところです。

大阪公演があまり嬉しくない理由がもう一つ。
ずっと関東に暮らしてたので、チケットの会員なども全部東京近郊
で有効なものばかり。
同じ招へい元でも、大阪だけはなぜか別枠でその会員優先予約が
できない。大阪独自の会員制度があるため。
東京の会員に高い年会費を払っているだけに納得できないものがある。
いまさら、数千円の会費を払って大阪の会員になるのも癪だしな。

名古屋は大阪ほど公演数も多くないせいか、東京と同じくくりで
会員制度が利用できるので、これは使わない手はない。

ということで明日の昼11時から予約します。



[PR]
by ts7dz | 2014-04-22 20:00 | ├Rock全般 | Comments(0)

Boston来日決定

待ちに待ったBostonの来日が決定

今までライブを観たバンドは数知れず。
でも、観たくても観れない、あるいは観れなかったバンドも若干ある。
そうなると諦めに近くなってくる。

その中の一つがBoston。
今回の来日はなんと35年ぶり
初来日は1979年。
私はまだ洋楽に目覚めていなかった年なので、当然観てないのだけど、
初めてBostonの曲を聴いたのが1986年のアルバム"Third Stage"。

時はまさに80’sサウンド真っ只中にリリースされたアルバムで
シングルも全米№1で大ヒット。
80年代中盤の洋楽を聴いてきた人で聴いたことがない人はおそらく
少ないと思う。

なぜこのバンドの来日がそれほど貴重なのかと言えば、そもそも
アルバムを出さない。
76年の1stアルバムから38年も経っているのに出したアルバムは
たったの6枚
なので、ツアー自体も貴重になってくる。
アルバムは出さない、ツアーもやらないでは、来日なんて夢のまた夢
と思っていたので、日本のロックファンは沸き立っているのだと思う。
まさか2000年代に入ってBostonが日本で生で観れる日が来るとは思っていなかった。

時代は変わり、70年代の欧米のロックが今の日本でも人気のあるバンドは少ない。
最初の来日から30年以上も経って、まだ生で聴きたいと思う日本人がどれだけ
いるのかを考えると、非常に難しいと思う。
2013年に最新アルバムが出たこともあって、タイミング良く決まったのだと
思うが、ペイできるだけの集客力があるかというと35年のブランクが
妨げになることも考えられたと思う。
でも、東京公演2公演は武道館
ついでに大阪、名古屋公演も決まり、1万人クラスのアリーナ公演が決まったと
あって、ホッとした。

チケットも発売され始め、我が家はたぶん名古屋公演に行くことになりそう。
一番近いのは大阪公演なのだけど、東京、大阪とも平日の公演なので、
行きたがっている旦那の職場からは遠すぎて仕事帰りに行くことは不可能。

大阪が隣とは言っても、京都からは案外不便なのですよ。
しかも旦那は電車通勤ではないので、一旦家に帰ってこないといけないし、
今回の大阪公演の会場は大阪駅近くではなく、乗り換えて海の方まで出ないといけない。

去年、Van Halenで行った会場だけど、駅からもちょっと歩くし、駅が小さいので
帰りが大変な混雑で、下手をすると30分は待たないと駅にも入れないような場所。
これは何とかしてほしい。
地理的には東京都心部から横浜の八景島に行くような感覚かも。

そんな会場なので、私は大阪でも大丈夫だと思うけど、仕事帰りに京都から
行けるような会場ではないのですよ。
でも、せっかく行くなら一緒に行きたいよね。

半ば諦めかけていたら、名古屋公演が週末にかかり、どうにか仕事を休まずに
行くことができそう。土曜日なので、そのまま泊まって日曜日に帰ってくれば
問題なしだし。

しかも、大阪公演とは違い、東京公演と同じく名古屋公演は高い会費を
払っているプレミアムメンバーの優先予約が使える(*^_^*)。
プロモーターは同じグループだけど会社が違うせいか大阪公演のみ、このプレミアム
メンバーの優先予約が一切使えないという残念な状態なので、これはありがたい。

今まで関東に住んでたので、ずっとこの会員になってたのだけど、大阪公演自体が
年々減り、東京のみという公演が増えているのでやめるにやめられなくなっている。
関西は音楽の娯楽が減ってきてるよね。
東京一極集中が顕著になってきてます。

京都公演なんてあるわけもなく、週末で一泊旅行にしないとコンサートにも
行けないというのがちょっと悲しいです。

ということで、近々、名古屋公演のチケットも発売になることだし、チケット代
がちょっと高いけど、年に1度あるかないかの我が家のイベントなので、予約
しようと思います。

[PR]
by ts7dz | 2014-04-15 00:56 | ├Rock全般 | Comments(0)

今日のサマソニ

今回のドリーム・シアターの来日公演はフェスということで、やむなくパスすることにしました。

単独公演があったら行ってたかもしれないけど…

なんか初めから乗り気じゃなかったし。この前の旅の疲れ(精神的な疲れが大きいかな…)がまだ残っているし、最近仕事が忙しくて心身ともに疲れが取れないので、週末くらいは休まないと週明けがもたないしね。
基本的にお盆休みないので。
この状態で一人でフェス参加はちょっとキツいもんね。

結果オーライなので、今日はアルバムのBC&SLを聴いて浸ろうと思います。

ライブレポ上がってくるのが楽しみです。
[PR]
by ts7dz | 2010-08-08 11:56 | Comments(0)

帰国します

長かったようで短かった1週間の旅行も、明日で終わりです。

明日の昼過ぎの便(日本時間では木曜日の深夜未明になります)で帰国します。
パッキングも大体終わり、あとは明日の朝、もう一度出ているものを詰めなおして終了です。

今回は、いろいろ氾濫万丈な出来事が続き、いろいろ大変でしたが、友人たちの手助けや助言でどうにか乗り切ることができました。

これが個人旅行の醍醐味なのかもしれませんが、30代ならともかく、この歳になると年齢を感じざるを得ません。

だって、疲れますもん。
それに、毎回同じことの繰り返しの部分もあるわけだし、だんだん面倒になってきたりするし。

こういう旅行は、ひょっとしたらこれが最後かもしれません。
ちょっと独身時代に戻った気分になりました。

明日の朝、時間があったらもう一度アップするかもしれません。

では、では
[PR]
by ts7dz | 2010-07-21 17:42 | ├カナダ2010 | Comments(1)

It Bites@渋谷O-EAST, Mar.20

b0018784_2135156.jpg

去年に引き続いて、再結成後2度目の来日公演に行ってきました。

一言で言えば、「楽しかった」です。

去年は心の準備というか、気持ちが盛り上がっていない状態でライブに行ってしまったのと、新しいアルバムをほとんど聴いていなかったというのもあります。そして新しいメンバーの情報もほとんどないままだったので、気持ちが盛り上がるまでだいぶ時間がかかってしまいました。

でも、今年はアルバム「Tall Ships」もずい分聴いたし、良いアルバムなのでかなり聴いています。
新メンバーのジョン・ミッチェルの演奏と歌も違和感なく聴くことができていたので、始まる前から楽しみに待つことができました。

去年は東京公演1回のみということもあって、コアなファンの期待度はかなり高く、おそらく関東以外からもファンが来ていたと思います。
私は友人のおかげで最前列(手すりにつかまりたかった)にいたので、後方の状況はよくわからなかったのですが、客の入りはだいぶ多かったのではないでしょうか。

で、今年は、初の大阪公演ということで、東京の前日にライブが行われましたが、なんと客の入りは散々だったようです。
聞くところによると150人ほどだったとか。
これではファンもバンドも興醒め、盛り上がれと言っても難しいかも。

そんなこともあって、東京もちょっと心配されましたが、今回は2ndアルバム「Once Around The World」を全曲演奏ということで、まずまずの入りだったようです。450人くらいは入っていたみたいです。

今回のライブは2部構成。
そんな長丁場ではないのですが、ボーカルのジョン・ミッチェルが風邪を引いていたようで、彼の休憩も兼ねてのインターバルだったのかもしれません。

前半はTall Shipsからの新しい曲を中心にヒット曲を交えて演奏。
そして5分ほどのインターバルの後、第2部。
Once Around The World全曲演奏。
どの曲も良いのですが、やっぱり大曲のOnce Around The World。これに尽きます。
ピーター・ガブリエルを彷彿とさせるボーカルと、次々に畳み掛けるように変わっていくメロディ。
約15分の曲が全く長く感じません。そしてフィナーレへと流れ込み、思わず涙が出そうになりました。
この曲で涙しそうになったファンは多いと思います。

最後にジョン・ミッチェルが「See You Soon!」と言って去っていきましたが、社交辞令ではあるでしょうが、あながち嘘でもないのではないかと思います。

ライブ中、ずっと気になっていた光景がありました。

フロア真ん中あたりの1段高くなった手すりのところで見ていたのですが、1段下がった目の前にいた一組のカップル。
どうみても、彼がこのライブに行きたくて彼女を無理に連れてきたっぽいのですよね。
2人共若いのですが、服装からメタルとかHRを聴いている風では全くなく、荷物がちょっと多めだったので連休を使って東京に遊びに来た風。
で、彼がしきりにその段差を気にしていたので、彼女を私のいる所にでも座らせてあげたかったのかな?

その彼女、フロアにある手すりのところに彼女がちょこんとずっと腰掛けて観ていて(というか、横を向いてしまっているのであまり観れなかったと思う)、しまいにはうつむいてしまっていました。
大きなお世話かもしれないですけど、彼女を連れてくるにはちょっとヘビーな選択だったのではないでしょうか?
知らない曲を聴き続けるのって意外と辛いものですよ。
しかも、知らないだけでなく変拍子だらけの曲で、周りはプログレファンがわんさといるライブハウス。
彼女に同情したくなっちゃいました(想像だけど(^^;)。
終盤のPlastic Dreamerが明るくてわかりやすいメロディだったので少し乗れていたようですが、他は反応鈍かったですね。

以上は、あくまでも私が見て想像して思ったことなので、本当かどうかはわかりません。
でも、そんなオーラを出していたので気になった光景でした。
[PR]
by ts7dz | 2010-03-25 21:04 | └Prog Rock | Comments(0)

b0018784_23201949.jpg

今日、アマゾンから届きました。
昨日届いた人もいたようでしたが、メール便だったので配達は今日になりました。
結局買ったのは、3枚組みの限定盤になりました。
Box買っても置くところがないので・・・

ついでに今日は、初めてお華を習いに行ったので、9時頃帰宅となり、今iPodに入れているところです。
なので、まだ1度も聴いてないので、明日の通勤途中に聴くことになりそうです。
相変わらず、大作が続いて入ってますね。

感想はまた後ほどということで。
[PR]
by ts7dz | 2009-06-24 23:27 | ├Dream Theater | Comments(0)

Spinal Tap - One Night Only World Tour
b0018784_0142686.jpg

以前、Queenのロンドン公演のチケットを買って以来、livenationのメルマガがしょっちゅうくるのですが、今日はこんなのが来ました。

一部の(?)Yesファンならすぐにピンと来るバンドでしょうが、日本では知っている人は一握りでしょうね。
で、こんなのがライブをやってしまうそうなんですね。
25周年記念だとかで、Wembley Arenaでやるそうです。
チケット代は10000円くらいです。
いつやるんだろうと思って見たら、6/30じゃないですか。
イギリスに行けたとしても日にちが近すぎて観に行けません。

彼らはビッグイベントなどで結構呼ばれて出演したりしてますが、ちゃんとライブをやるのは珍しいのではないのでしょうか。
一言で言ってしまうと、彼らは「お笑いバンド」です。
映画が一番有名かと。
でも、日本語ではもう見れないかな・・・
ストーリーはいたって簡単。ボーカルがバンドのメンバーと不仲になり脱退。
紆余曲折の結果、バンドに戻って、再結成してライブを行うというドタバタ映画だったと思います。

詳しいことは、こことか、こことか、参考にしてみてください。
[PR]
by ts7dz | 2009-06-23 00:25 | ├Rock全般 | Comments(0)

b0018784_026040.jpg


久しぶりに行ってきました。
以前は、来日するたびにコンサートに足を運んでいたのですが、最後に行ったのがいつのことだったか忘れてしまっていたほどでした。
そういえば、Paulが抜けてRichie Kotzenに変わっていたし、当時のアルバムも目新しさがなくなってしまっていた、確か最後のライブは行かなかったような気がします。
確かにActual Sizeとか曲の記憶がほとんどないです。

More
[PR]
by ts7dz | 2009-06-22 00:27 | ├HR/HM | Comments(0)