続いて、神田神社へ向かいます。

JR御茶ノ水駅から徒歩で約5分ほどで到着。途中、湯島天神もあるので、そちらに行ってからでもいいでしょうね。

b0018784_001233.jpg

b0018784_00127.jpg

b0018784_001253.jpg

なかなか真新しい神社です。
朱の塗りが鮮やかです。

あ、ここは神田神社が正式名称で、神田明神は通称です。

b0018784_002788.jpg


ここは午前11時と、午後3時からの祓の神事があるので、私は午後3時の方に参列しました。

有名な神社なので、相当人が集まるかと思って早めに行ったので到着したのが午後1時半過ぎ。
思ったほど集まってなくて着くのが早すぎました。

まずは本殿にお参りして、ご朱印を先にいただきました。
b0018784_011070.jpg


この神社は、秋葉原に近いせいなのか、アニメキャラを豊富に取り入れていて、ラブライブとのコラボグッズもたくさんあります。ご朱印帳もあるようです。
参拝客が多いせいなのか、ご朱印がスタンプなのがちょっと残念。

また、境内には神馬(しんめ)の明(あかり)ちゃん(ポニー)がいます。
b0018784_002720.jpg

b0018784_002829.jpg

なんか元気がなさそう・・・

祓の受付で備え付けの封筒に住所氏名と人形(ひとがた)の形代(かたしろ)に名前と年齢を書き、建物の奥に行くと、
「いくらお納めですか?」と聞かれ、慌てて
「1000円でお願いします」と1000円を渡し、お清め塩、祝詞、お札、手ぬぐいなどをいただきました。こちらも志納金は「お気持ち」のようです。

午後3時になると巫女さん、神社の宮司さん、雅楽隊の人たちが祭壇の前に集まり、その前にお祓いを受ける人たちが並びます。一通り祝詞やお祓いをすると、いよいよ輪をくぐります。
人数が多いので、てっきり一巡だけくぐって終わりかと思いきや、ここの神社は輪をくぐったあと、境内をぐるっとまわり、鳥居の所まで行って戻り、それを右回り、左回りと、計3回くぐりました。
こんなにグルグル回るとは思いませんでした。
去年の八坂神社では、もっと人が多かったので、簡単なお祓いの後、輪を一巡くぐっただけで終了でした。
b0018784_002946.jpg

b0018784_004044.jpg

b0018784_004991.jpg

くぐり終わると、今度は拝殿に上がり、巫女舞を奉納、お祓いを更に受けます。最後に宮司さんからのお言葉で終了でした。出口ではお神酒をいただき、更に神社の銘が入った入浴剤までいただきました。
なんだか至れりつくせりの1時間半でした。

ちなみに、この茅を抜いて記念に持って帰る人が後を絶たないそうなのですが、これは持って帰ってはいけません。
なぜかというと、茅の輪をくぐることで罪穢れを落とすので、その罪穢れを吸い取った茅を持って帰るということは他人の罪穢れを持ち帰ってしまうということだそう。

帰ろうとすると、神馬の明ちゃんが出てきてました。
b0018784_01446.jpg

b0018784_01324.jpg

ご褒美のニンジンをおいしそうに食べてました。

帰り際に、何か食べて帰ろうかと参道を見ると、角の甘酒屋に人だかりができてました。
有名なお店で人気があるから人がいっぱいいるのかなと思っていたら、な~んと、
ぴったんこカンカンのロケで、安住アナと永作博美さんがお店に来てました。
細くて顔小っちゃいなぁ。

b0018784_01889.jpg

次の現場に移るのをお見送りして、参道のお店であんみつをいただいて帰りました。
おいしかった~
[PR]
by ts7dz | 2016-07-02 00:36 | 東京の風景 | Comments(0)

去年の6月30日に京都で初めて夏越の祓(なごしのはらえ)に行ったので、今年も行ってみようと思い、行けそうな神社を探して行ってみました。

夏越の祓(なごしのはらえ)

6/30頃に全国の神社で行われる、その年の上半期の厄払いとでもいいましょうか。
12/30にも「年越しの祓」が行われているそうです。

今回は、行けそうな神社を調べたところ、鳥越神社神田神社(神田明神)に行ってみることにしました。

まずは鳥越神社。
うちからだと新御徒町駅が行きやすいので、そこで下車。歩いて15分ほどでしょうか。


b0018784_23213438.jpg

こんな風に茅で輪を作ってあります。
この輪を礼をして左足から左に1回、右に1回、左に1回と3回くぐります。

見れば見るほど、イベントホライゾンに見えてくる(^_^;)。
SGファンでないと何を言っているのかわかりませんね。

b0018784_2346585.jpg


ここでの祓の神事は夜8時からということなので、輪をくぐってご朱印だけいただいてきました。
こちらの神社は、志納金が「お気持ちで」ということだったのでちょっと驚きましたが、一般的に300円が相場なので300円を納めてきました。
京都では300円~500円が一般的で、「お気持ちで」という寺社には出会ったことがありませんでした。
[PR]
by ts7dz | 2016-07-01 23:49 | 東京の風景 | Comments(0)