1月最後の週末、関西方面へ旅行する機会があって、京都を回って帰ってきました。

おりしも、大寒波がやってきていたあの週末、回ろうと思っていたスポットやお店にことごとく行けなくなって、やっとのことで行けたのがこのみすや針

b0018784_23562085.jpg


最近はもっぱら編み物ばかりやっているので、縫い物はそのついで程度になっていて、針や糸を使うことがかなり減っています。でも、手芸を趣味としているものにとっては、針は基本中の基本アイテムなんですよね~
それが、京都に400年続くという老舗中の老舗の針専門店があるというのをテレビで知って、これは是非行っておかねばなるまいと行ってきました。
ネット通販もされているので、別に京都まで行かなくても買えると言えば買えるんですけど。

1/25、冒頭にも書きましたが、大寒波がやってきており、新幹線も朝から大幅に遅れているというニュースを聞き、時間を気にしつつ京都の街を歩き回る。
この日は実は家に帰ることになっていたので、帰りの新幹線が無事に動くのか気が気ではなかったのです。

というのは、新幹線に乗る前に大津に寄って預けていたわんこをお迎えに行くことになっていたからなのです。
この大津、琵琶湖の南側に位置しているのですが、豪雪地帯で有名でただでさえJRの便が少なくて、1本逃すと軽く30分以上棒に振ることもあるので、綱渡り状態になっていました。

話がそれましたが、そんな風に時間を気にしつつ三条通り商店街へ。

しかし、お店が一向に見つからない。
Google Map先生をあてにしてお店を探すも、入口が見つからない。
京都の街は京町屋作りのお店がそれなりにあるので、入口がわかりにくいところも結構あります。

三条通商店街やお隣の寺町通商店街もぱっと見、普通の商店街に近いつくりではありますが、ところどころ狭~い路地があったり、間口がとても狭~いお店があったりと、ちょっとした迷路になっているような場所もあり、きっとそんなわかりにくい奥行きの深いお店なんだろうなと、お店があると思われる場所をグルグル。

諦めかけたその時、やっと見つけました。

実はGoogle Map先生が間違っていました(;_:)。
Google Map先生の示した地点から見て、通りの反対側の建物だったのです。

この小さな看板が出ているだけで、お店は???
と思ったら、狭い通路をずっと奥に入ったところにお店はありました。

通路を抜けるとこんな素敵なお庭が。
b0018784_23562078.jpg


b0018784_23562110.jpg


奥に見える小さな家がお店です。

恐る恐る中に入ると、3、4人入ったらいっぱいになってしまいそうな小さなお店です。
ですが、手芸好きにはまるでワンダーランド(*^_^*)。
針がショーケースいっぱいに入っています。
ショーケースの上にも糸巻やまち針がたくさん。

通販では味わえない、お庭やこの小さなお店に行くだけでも価値がありますよん(*^_^*)。

b0018784_0193674.jpg


b0018784_0193755.jpg


お店が狭いのでちょっと緊張しながらお買いもの。
おじいちゃんとおとうさんがお店に立たれているので、距離がものすごく近いのです。
おとうさんがいろいろと丁寧に説明してくださるので、もうどれにしようか迷ってしまいました。

結局、私は以下の4点をお買い上げ。

・飾りまち針(若奥さまが一つ一つアクリルで作っているとのこと)
・洋裁用まち針
・糸巻
・はさみカバー


飾りまち針が一番欲しかったので、迷いに迷い5本だけ。
ですが、これらが一番お高かったので、全部で2600円ちょっとと、針にしては結構なお買いものとなりました。

本当は縫い針も買おうかと思っていたのですが、何を買うか決めていなかったので、それはまた次の機会に。

b0018784_23562144.jpg


最後にお店を出る時に、入口の看板の上にあったかわいいオブジェをパチリ。

三条通り商店街は、京都に住んでいた時は何度も行ったのに、こんな素敵なお店があったなんて知らなくてとても残念でした。

この後、新幹線の様子が気になって仕方がなかったので、そのまま四条通のホテルに戻って荷物を受け取り、帰りの新幹線の時間まであちこち回ろうと思っていたのにほとんど行けなかったので、かなり消化不良の一日でした。
また近いうちに行きますよ。きっと。

近畿
[PR]
by ts7dz | 2016-02-23 00:46 | 京都の風景 | Comments(0)

海外のレシピ本

b0018784_0304093.jpg


編み物の課題がなかなか進まなくて現実逃避。

編み物の方は編む作業はとっくに終わっていて、後はとーっても面倒な袖付けと衿の目を拾って衿のゴム編とゴム編止め、そして仕上げのアイロンがけ。

でも、これをやらなければ基礎が終わらないので、がんばってやりますが、現実逃避をしたくてずっと前にカナダで買ってきたビーズの本を引っ張り出してパラパラとめくっています。

カナダに行くたびに買ってきたビーズの本は他にも何冊かあったのですが、京都に引っ越す時に重いのでこの一冊を除いて全て処分してしまいました。
この本からはまだ何も作ってないのですが、編み物本と違って、ビーズ本は多少の図解もあるので文章を全部読まなくても作ることができる作品もあります。

でも、やはりほぼ文章のみのレシピなので、読まないと作れません^_^;

海外のレシピ本を読んでいつも思うのは、日本のレシピ本は本当に優れていると思う点です。
文章の説明はもとより、図や写真もたくさん載っていてとてもわかりやすい。そして正確。

そうなんです。海外のレシピ本は結構間違いが多くて、材料の分量や説明が間違っていたりするので、注意が必要です。そして、ほぼ文章のみの作り方なので、出来上がりの図や写真をよく見ながらでないとうまく作れないこともあります。こんな感じかなぁとか。日本の本ではありえませんね^_^;

これは編み物の本も同様。編み物については、編み方はほぼ100%文章による説明なので、ビーズ本よりもよく読む必要があります。しかも、文章と言っても、編み物の専門用語を更に略した文章なので、少し読み解く練習が必要になります。

読み解くと言っても、一度覚えてしまえば複雑な文章ではないのでそれほど難しくはないと思います。

海外の手芸の本は日本のものと違って、デザインや色使いが日本のものにはないものがあったりして、斬新に見えます。課題の合間にいろいろやってみたいなぁ。

もうちょっと落ち着いたら、あれこれ本を探したり作ってみたいと思います。
[PR]
by ts7dz | 2015-09-18 00:48 | ビーズ | Comments(0)