タグ:ライブ ( 96 ) タグの人気記事

23日にボストンの名古屋公演、無事予約できました。

チケット1枚12000円でお高いけど、35年振りで貴重な、そしてたぶん
これで最初で最後の来日公演かもしれないので、名古屋旅行も兼ねて
10月に行こうと思います。003.gif

ライフ、ラヴ&ホープ

ボストン/マーキー・インコーポレイティドビクター

undefined


半年も先だけど、チケットよりもホテルを先に手配しておきました。
空き状況を調べてた時、なぜか空き具合が少ないなと思っていたら、
同じ週末にF1の日本グランプリが鈴鹿であるというじゃないですか。

鈴鹿周辺では宿泊施設が足りないらしく、名古屋を拠点とするファンも
多いらしいので、夏頃になるとホテルの確保が名古屋市内でも難しく
なるようです。
それで納得いきました。
これはもたもたしてると名古屋に泊まれなくなる(無理すればそんな
ことないだろうけど、希望のホテルは取れなくなると思う)ので、
早々に手配ということになった訳です。

ま、泊まらなくても帰ってこれる距離ではあるけど、せっかく遠出
してるんだし、ゆっくりご飯食べて寝て帰りたいしね。

しかし、相手がまさかF1だったとは…

[PR]
by ts7dz | 2014-04-27 00:03 | ├Rock全般 | Comments(0)

Boston来日決定

待ちに待ったBostonの来日が決定

今までライブを観たバンドは数知れず。
でも、観たくても観れない、あるいは観れなかったバンドも若干ある。
そうなると諦めに近くなってくる。

その中の一つがBoston。
今回の来日はなんと35年ぶり
初来日は1979年。
私はまだ洋楽に目覚めていなかった年なので、当然観てないのだけど、
初めてBostonの曲を聴いたのが1986年のアルバム"Third Stage"。

時はまさに80’sサウンド真っ只中にリリースされたアルバムで
シングルも全米№1で大ヒット。
80年代中盤の洋楽を聴いてきた人で聴いたことがない人はおそらく
少ないと思う。

なぜこのバンドの来日がそれほど貴重なのかと言えば、そもそも
アルバムを出さない。
76年の1stアルバムから38年も経っているのに出したアルバムは
たったの6枚
なので、ツアー自体も貴重になってくる。
アルバムは出さない、ツアーもやらないでは、来日なんて夢のまた夢
と思っていたので、日本のロックファンは沸き立っているのだと思う。
まさか2000年代に入ってBostonが日本で生で観れる日が来るとは思っていなかった。

時代は変わり、70年代の欧米のロックが今の日本でも人気のあるバンドは少ない。
最初の来日から30年以上も経って、まだ生で聴きたいと思う日本人がどれだけ
いるのかを考えると、非常に難しいと思う。
2013年に最新アルバムが出たこともあって、タイミング良く決まったのだと
思うが、ペイできるだけの集客力があるかというと35年のブランクが
妨げになることも考えられたと思う。
でも、東京公演2公演は武道館
ついでに大阪、名古屋公演も決まり、1万人クラスのアリーナ公演が決まったと
あって、ホッとした。

チケットも発売され始め、我が家はたぶん名古屋公演に行くことになりそう。
一番近いのは大阪公演なのだけど、東京、大阪とも平日の公演なので、
行きたがっている旦那の職場からは遠すぎて仕事帰りに行くことは不可能。

大阪が隣とは言っても、京都からは案外不便なのですよ。
しかも旦那は電車通勤ではないので、一旦家に帰ってこないといけないし、
今回の大阪公演の会場は大阪駅近くではなく、乗り換えて海の方まで出ないといけない。

去年、Van Halenで行った会場だけど、駅からもちょっと歩くし、駅が小さいので
帰りが大変な混雑で、下手をすると30分は待たないと駅にも入れないような場所。
これは何とかしてほしい。
地理的には東京都心部から横浜の八景島に行くような感覚かも。

そんな会場なので、私は大阪でも大丈夫だと思うけど、仕事帰りに京都から
行けるような会場ではないのですよ。
でも、せっかく行くなら一緒に行きたいよね。

半ば諦めかけていたら、名古屋公演が週末にかかり、どうにか仕事を休まずに
行くことができそう。土曜日なので、そのまま泊まって日曜日に帰ってくれば
問題なしだし。

しかも、大阪公演とは違い、東京公演と同じく名古屋公演は高い会費を
払っているプレミアムメンバーの優先予約が使える(*^_^*)。
プロモーターは同じグループだけど会社が違うせいか大阪公演のみ、このプレミアム
メンバーの優先予約が一切使えないという残念な状態なので、これはありがたい。

今まで関東に住んでたので、ずっとこの会員になってたのだけど、大阪公演自体が
年々減り、東京のみという公演が増えているのでやめるにやめられなくなっている。
関西は音楽の娯楽が減ってきてるよね。
東京一極集中が顕著になってきてます。

京都公演なんてあるわけもなく、週末で一泊旅行にしないとコンサートにも
行けないというのがちょっと悲しいです。

ということで、近々、名古屋公演のチケットも発売になることだし、チケット代
がちょっと高いけど、年に1度あるかないかの我が家のイベントなので、予約
しようと思います。

[PR]
by ts7dz | 2014-04-15 00:56 | ├Rock全般 | Comments(0)

【再掲載です】

お願いというか、募集です。

コンサートのチケットを買ったはいいものの、その日から帰省しなければならなくなり、行けなくなってしまいました。

ですが、なかなか欲しいという方が見つからず困っています。

そこで、チケットをお譲りしたいと思っています。
枚数は2枚。

チケットの内容は・・・

公演名:ゴダイゴ(あぁ・・・この時点で、だいぶ減りましたね・・・)
日 時:11/20(土)
会 場:【渋谷】C.C.レモンホール(元渋谷公会堂)
開 場:16:15
開 演:17:00
席番号:2階13列左より(13列ですが、事実上前から3列目なので、比較的見やすいと思います)
枚 数:2枚
定 価:6500円/枚


という内容ですが、2階席ということもありますので、ディスカウントも応相談です。

確実に行っていただける方にお譲りしたいと思っています。
できれば2枚セットでお譲りしたいのですが、1枚ずつでもお受けいたします。

欲しいという方は、この記事にコメントをつけていただくか、こちらにメッセージを送ってください。

それでは、お願いいたします。
[PR]
by ts7dz | 2010-10-26 00:42 | ├Godiego | Comments(0)

お願いというか、募集です。

コンサートのチケットを買ったはいいものの、その日から帰省しなければならなくなり、行けなくなってしまいました。

ですが、なかなか欲しいという方が見つからず困っています。

そこで、チケットをお譲りしたいと思っています。
枚数は2枚。

チケットの内容は・・・

公演名:ゴダイゴ(あぁ・・・この時点で、だいぶ減りましたね・・・)
日 時:11/20(土)
会 場:【渋谷】C.C.レモンホール(元渋谷公会堂)
開 場:16:15
開 演:17:00
席番号:2階13列左より(13列ですが、事実上前から3列目なので、比較的見やすいと思います)
枚 数:2枚
定 価:6500円/枚

という内容ですが、2階席ということもありますので、ディスカウントも応相談です。

確実に行っていただける方にお譲りしたいと思っています。
できれば2枚セットでお譲りしたいのですが、1枚ずつでもお受けいたします。

欲しいという方は、この記事にコメントをつけていただくか、こちらにメッセージを送ってください。

それでは、お願いいたします。
[PR]
by ts7dz | 2010-09-27 00:21 | ├Godiego | Comments(0)

いよいよ旅行間近

いよいよカナダ行きが迫ってきました。

出発日は7/16(金)。
あと4日です。

仕事が急に忙しくなったりして(いつも旅行直前になると急に忙しくなるのはなぜだろうか?)、あまり準備する時間もないのですが、できる限りやって行きたいと思います。

今回は一番、計画がラフかもしれない・・・
[PR]
by ts7dz | 2010-07-12 23:48 | ├カナダ2010 | Comments(0)

旅支度

b0018784_11142.jpg
さすがにそろそろ旅の準備を始めないといけなくなってきました。

出発は7/16。
あと2週間です。

スーツケースもレンタルしないといけないし、宅配の手配も必要だろうし。
スーツケースはお土産を入れるのに必要なので。

持ち物チェックも全然してないし、ライブ以外の予定もほとんど立ててないので、勝手がわかっているとはいえ、さすがに多少の予定は立てておかないと。
それに友人たちの連絡先とかピックアップしてないので、それも。

あと、空港バスがオンライン予約だと1割引きになるので、それも予約せねば。

一時は体調が悪くなったりしたので、どうなることかと思いましたが、どうにか行けそうです。

ちなみに、出発翌日の7/17から運行が始まる新型スカイライナー。
これは千葉県民にはあまり恩恵がありません。
千葉県内で停車しないので乗れないのですよ。

今年、やっとオンライン決済ができるようになった旧型スカイライナーで行ってきますぅ。
[PR]
by ts7dz | 2010-07-04 01:00 | ├カナダ2010 | Comments(0)

カナダ行きの手配はほぼ終了しました。
あとは余った時間でミュージカルを観るかどうか決めれば終わりかな。

しかし、相変わらずカナダ行きの航空券はあなどれません。

3ヶ月前だったにもかかわらず、エア・カナダの航空券が取れない取れない。
仕方なく日程を1日ずらしてギリギリ公演日に間に合わせることができました。

パックで取った人はトロント直行便が私が最初希望した日で取れているので、団体がやはり優先なのかなと思いました。

やっと取れた航空券は少し高めのものになってしまい、今回もバンクーバーに立ち寄るため、なんだかんだで19万円ほどになってしまいました。
最初は、JALのバンクーバー経由で予約を入れていたのですが、+3万円ほどで4時間の時間と1回の乗り換えの手間が省け、その分の疲労も軽減されるのであればと、この航空券にしたのです。

これもダメならアメリカ経由しかないのですが、幾ら安いとはいってもアメリカが最終目的地でもないのに入国審査を2回も受けなければいけないのと、値段のわりに時間も手間もかかるので、できれば使いたくないルートです。

ホテルは、今回初めて利用する「メトロポリタン」
あちこち調べまわった結果、特別評判が良いわけでもないのですが、料金と便利さで決定。

1ブロックも行けば、ヒルトンやシェラトンもあるので、特別不便というわけでもなく、料金も格安サイトで予約すればかなりのお得感があります。
トロントもホテルは安くないのですが、このクラスで税金、サービス料込みで1泊約12000円は格安だと思いました。
それに、ホテル前に空港バスも止まるのでこれが決定打でした。

いつも重い荷物をゴロゴロ引っ張って乗り場まで行っているので、これはありがたいです。

あと、意外と無線LANが有料のところが多い中でここは無料なので現地で情報収集ができるかなと思います。

色々各サイトもキャンペーンをやっているのでタイミングだと思うのですが、色々事情があってなかなか決められずにいたので、こんなに遅くなってしまいました。

そして、最後の懸案だったバンクーバーのホテル。
結局、市内中心部に泊まるのは諦めて郊外のB&Bにしました。
(本当はお気に入りのホテルがダウンタウンの便利なところにあるのですが、夏料金ということもあって、1泊2万円近いのですよ)
以前にも泊まったことのあるB&Bなので、行き方さえもう一度確認すれば大丈夫だと思います。

キツラノというところで、確かこのあたりでドラマのSmallvilleとか撮影があったのではなかったかな。

なんと言っても1泊の料金が安いのが助かります。
今回は、朝食付き、バスルームは共同ですが、1泊CAD65とCAD70(これに10数%の税金がかかります)の部屋にしてもらえそうです。

本当は70ドルの部屋に2泊したかったのですが、空いてないということで1泊ずつにしてもらいました。

そしてオーナーさんは日本語が少し話せるので日本人の扱いには慣れていらっしゃるようです。

バンクーバーって、トロント以上にホテルが高いのでいつも困っています。
どうしてあんなに高いんだろうと思うほど高いのですよ。

東京だったら7000円くらいが妥当だと思われるようなホテルが1万円以上しますから。
ダウンタウン中心部はひしめき合っているのもあるかと思うのですが、不動産自体が高いのだと思います。

だからと言って安宿がないわけではないのですよ。
どこもそうですが、あっても治安や雰囲気が良くない場所だったりするので、女1人で泊まるにはリスクが高いかと。
現地に住んでいる友人がその地域はあんまり良くないと言っているし。

それに、最近は歳のせいか、ゆったり泊まれないと非常に疲れるのですよね。
安かろう悪かろうでは堪えられなくなってきました。
もう若くはないのですね(^^;

ということで、あとは足りないものの買い物くらいかな。
ドルはあっただろうか。ちょっと探してみようっと。
やっぱり夏のカナダは高いですね。
[PR]
by ts7dz | 2010-06-08 00:41 | ├カナダ2010 | Comments(2)

カナダ行きほぼ決定

b0018784_0303849.jpg


やっぱりチケット買ってしまいました。
今回は前回に比べてチケット価格が上がっています。

しかも、最近日本でも大きなコンサートでは売られているVIPチケットもあり、こちらも3万円強します。
海外のサイトで買っているため、付属のグッズは日本まで発送してくれないこともあって、面倒なので通常のチケットにしました。

が、通常のチケットも先行予約のチケットは2週間前まで発送してもらえないと返事が来ているので、これから交渉です。

b0018784_0375455.jpg


さらに、7月はハイシーズンだということ、日本では3連休ということをすっかり失念していて、のんびり構えていたら(と言っても、チケットを買ってまだ2日しか経ってないのですが)、既に満席の便ばかり。
あちこちの経由便を聞いてまわっていますが、なかなかお財布に合うものがなく、仮押さえの便とキャンセル待ちを入れている状況です。

パックも思ったほど安くなくてお得感がほとんどないですね。

最近は、連休と言えば、家で何をしようかとか、たまっている家事を片付けなきゃとか、レジャーに使う感覚ではなくなりつつあるので、だいぶ感覚が鈍っているようです。

燃油も上がっているし、なかなか良い時期に行けないものですね。
[PR]
by ts7dz | 2010-04-23 00:40 | ├カナダ2010 | Comments(2)

Rush Time Machine Tour 2010

b0018784_0453173.jpg
いつの間にかアナウンスされてましたね~

前回のツアーの"Snakes & Arrows Tour"は2007年だったんですね。
あれからもう3年。

あっという間でした。
私も身辺の変化がたくさんあって、あっという間に3年経ってしまいました。

で、肝心のツアーですが、Time Machine Tourということなのですが、Moving Picturesを全曲演奏するツアーだそうですよ。今までやったことがなかったんですね。

詳しいツアー日程はこちら
早いところだと来週からチケットの発売が始まるようですよ。
行きたい人は早速チェック。

ニューアルバムが出てないので、急にツアーが発表になって慌ててしまっているのですが、今回はどうしたものでしょう・・・
行きたい気持ちは十分あるのですが、何せ先立つものが・・・
これまでとは、事情が変わってしまっているので。
私が行くとしたら、やっぱり行きなれたカナダですね。
あ~あ、今回はパスになっちゃうかなぁ。

Rushも観たいけど、カナダにも行きたい。友達にも会いたいし。
頑張れば手に届くところにあるのに、思い切った一歩が出せないこのもどかしさ。
刻々と発売日が近づいてきたり、公演日が近づいてきたりするのに参加できないこのもどかしさ。
なんとも言えない気分です・・・

う、う、う・・・
[PR]
by ts7dz | 2010-04-10 00:43 | └Prog Rock | Comments(0)

It Bites@渋谷O-EAST, Mar.20

b0018784_2135156.jpg

去年に引き続いて、再結成後2度目の来日公演に行ってきました。

一言で言えば、「楽しかった」です。

去年は心の準備というか、気持ちが盛り上がっていない状態でライブに行ってしまったのと、新しいアルバムをほとんど聴いていなかったというのもあります。そして新しいメンバーの情報もほとんどないままだったので、気持ちが盛り上がるまでだいぶ時間がかかってしまいました。

でも、今年はアルバム「Tall Ships」もずい分聴いたし、良いアルバムなのでかなり聴いています。
新メンバーのジョン・ミッチェルの演奏と歌も違和感なく聴くことができていたので、始まる前から楽しみに待つことができました。

去年は東京公演1回のみということもあって、コアなファンの期待度はかなり高く、おそらく関東以外からもファンが来ていたと思います。
私は友人のおかげで最前列(手すりにつかまりたかった)にいたので、後方の状況はよくわからなかったのですが、客の入りはだいぶ多かったのではないでしょうか。

で、今年は、初の大阪公演ということで、東京の前日にライブが行われましたが、なんと客の入りは散々だったようです。
聞くところによると150人ほどだったとか。
これではファンもバンドも興醒め、盛り上がれと言っても難しいかも。

そんなこともあって、東京もちょっと心配されましたが、今回は2ndアルバム「Once Around The World」を全曲演奏ということで、まずまずの入りだったようです。450人くらいは入っていたみたいです。

今回のライブは2部構成。
そんな長丁場ではないのですが、ボーカルのジョン・ミッチェルが風邪を引いていたようで、彼の休憩も兼ねてのインターバルだったのかもしれません。

前半はTall Shipsからの新しい曲を中心にヒット曲を交えて演奏。
そして5分ほどのインターバルの後、第2部。
Once Around The World全曲演奏。
どの曲も良いのですが、やっぱり大曲のOnce Around The World。これに尽きます。
ピーター・ガブリエルを彷彿とさせるボーカルと、次々に畳み掛けるように変わっていくメロディ。
約15分の曲が全く長く感じません。そしてフィナーレへと流れ込み、思わず涙が出そうになりました。
この曲で涙しそうになったファンは多いと思います。

最後にジョン・ミッチェルが「See You Soon!」と言って去っていきましたが、社交辞令ではあるでしょうが、あながち嘘でもないのではないかと思います。

ライブ中、ずっと気になっていた光景がありました。

フロア真ん中あたりの1段高くなった手すりのところで見ていたのですが、1段下がった目の前にいた一組のカップル。
どうみても、彼がこのライブに行きたくて彼女を無理に連れてきたっぽいのですよね。
2人共若いのですが、服装からメタルとかHRを聴いている風では全くなく、荷物がちょっと多めだったので連休を使って東京に遊びに来た風。
で、彼がしきりにその段差を気にしていたので、彼女を私のいる所にでも座らせてあげたかったのかな?

その彼女、フロアにある手すりのところに彼女がちょこんとずっと腰掛けて観ていて(というか、横を向いてしまっているのであまり観れなかったと思う)、しまいにはうつむいてしまっていました。
大きなお世話かもしれないですけど、彼女を連れてくるにはちょっとヘビーな選択だったのではないでしょうか?
知らない曲を聴き続けるのって意外と辛いものですよ。
しかも、知らないだけでなく変拍子だらけの曲で、周りはプログレファンがわんさといるライブハウス。
彼女に同情したくなっちゃいました(想像だけど(^^;)。
終盤のPlastic Dreamerが明るくてわかりやすいメロディだったので少し乗れていたようですが、他は反応鈍かったですね。

以上は、あくまでも私が見て想像して思ったことなので、本当かどうかはわかりません。
でも、そんなオーラを出していたので気になった光景でした。
[PR]
by ts7dz | 2010-03-25 21:04 | └Prog Rock | Comments(0)