タグ:イギリス ( 53 ) タグの人気記事

b0018784_23392493.jpg
*AXNミステリーのHPから写真をお借りしました。


超久々の海外ドラマネタです。

番組が放送されているのは知っていたんですが、撮り溜めたドラマが山のようにたまっているのでなかなか見る時間が取れず、ずっと放置状態でした。

で、今回、AXNミステリーで第1話から放送されるということで、良い機会なので見てみようと思って2話まで見てみました。
普段はSFやクライムサスペンスを見ることが多いので、こういう時代物でいわゆる「ドラマ」と言われるジャンルの作品を見ることがあまりなくて最初ちょっと戸惑いました。

いつも見ているようなアメリカのSFやクライムサスペンスもののドラマと比べると、まず登場人物の多さに驚きました。
まだ、2話しか見てないですが、早くも名前が覚えきれないわ^_^;。
字幕版なので余計に追いつくのが大変なんですが。
普段はアメリカものが多いので演出が派手だったり、テンポがものすごく速かったりというのに慣れてしまっているので、そのテンポの違いにもちょっと戸惑いが^_^;。
見る機会が少ないのは、イギリスのドラマがあまり日本では人気がない(というか、認知度が低い)ので仕方がないのですけどね。

前置きが長くなりましたが、このドラマの内容を一言でいうと、イギリス貴族のダウントン邸で起きる、伯爵一家とその使用人の愛憎劇です。

貴族階級と労働者階級の差が歴然としているイギリスならではの物語。
あからさまな差別がものすごい(@_@)。
この貴族階級や労働者階級について全く知識がないとこの物語について行くのはちょっと大変かもしれないけど、知り始めたらとても面白いと思う。
ま、イギリスの文化や歴史には興味はあるし、何度もイギリスには行っているので、イギリスものに抵抗がある訳ではないので、こればかりは慣れなんですがね。
私も英文学をちょっとかじったことがあるので、全くの無知識状態ではなかったのは良かったのかも^_^;。

映像面ではチルトシフトを多様しているのに気付いた。
遠近感を出すのに遠景や近景をぼかすことは普通のことですが、画像の中心部や特定の登場人物にフォーカスを当てたいような場面で手前に強いぼかしが入る場面がよくありました。
今まで私が見たドラマではこういう効果を使っているのを見たことがないです。
なかなか面白い演出だと思います。
あとは全般的にセットや衣装にお金が相当かかってると思います。
だてにエミー賞やゴールデングローブ賞取ってないですね。

とりあえず、しばらく放送があるようなので続けて見ていけたらと思います。

余談ですが、現在はS4がスターチャンネルで放送が始まったばかり。それと前後してNHK地上派でS3の放送が終了して続きが見れないと、がっかりして嘆く人が続出。
スターチャンネルの契約をすればすぐに見れるのはみんなわかりきってるんですけど、見れる人ばかりではないですよね。

NHKの海外ドラマのシリーズ途中での放送打ち切り(今回は打ち切りになるかどうかはわからないですが)は今に始まったことではありません。
今までにNHKに放送放棄された作品がいくつあったかもう数えきれません。
ひどいものだと1時間ものを30分に短くカットして放送し、しかも最初の2,3シーズン放送してそのまま放置。
結局、その後NHKで放送されることはありませんでした。
私はその作品がNHKで放送が続くとは到底思えなかったので、すっぱりあきらめてCSに乗り換えて最終シーズンまで視聴。

放送打ち切りは、おそらく放送権料の問題があるんだと思います。
シーズン初期は人気が出ないものもあるので放送権料は安いんだと思います。そして人気が出れば放送権料は上がります。
結局、NHKは高い放送権料を払いたくない(払えない)ので契約をせずにそのまま打ち切りという形を取っているのでしょう。

視聴者は意見することしかできないですが、なんだかNHKはつまみ食いのような形の契約で視聴者を振り回している感じですよね。
とどのつまり、大人の事情ってところなんでしょうが、サービスを受ける視聴者は納得できないですよね。しかも一応有料放送ですから、NHKは。

いつまでも嘆いていてもつまらないので、続きを見る方法としては、一番手っ取り早いのはスターチャンネルの契約をすること。
手間も費用もかかるのでそこまで無理って人は、S4放送終了後に発売されるであろうDVDの発売を待って購入orレンタルがその次でしょうか。
スターチャンネルの今のスケジュールだと8月初めにS4の放送が終了するので、DVDが出るのは秋以降ではないでしょうか。
そのお金も払いたくないという人は、可能性があるかどうかまだわからないNHKの放送を待つしかないでしょうね。
ちなみに次のドラマは17回シリーズなので、同じ枠で次々回作のドラマが放送されるのは早くても10月。
NHKの放送を待つかDVDを待つか。微妙なところですね。


[PR]
by ts7dz | 2015-06-08 01:48 | ├TV Shows全般 | Comments(0)

Waitroseの紅茶

飲みかけのティーバッグがやっとなくなったので、先日買ってきた紅茶を開けました。

80包入りと書いてあったので、そのまま袋詰めされてるのかと思いきや、40包ずつの包装でホッとしました。
開けるとどんどん風味が悪くなるので、半分ずつ開封できてよかった。
b0018784_0572072.jpg


中袋を開けると丸いティーバッグがびっしり詰まってます。
日本のティーバッグは紐付きで四角かテトラタイプが普通ですが、イギリスではこういう紐なしの丸いタイプもよく売られてます。

紐なしティーバッグはそのままポットにポンと入れてしまうので紐は必要ないんですね。あるとかえって邪魔になると思います。

日本のようにカップで一杯ずつ飲むのと違って、イギリスではたくさん飲むのでポットで淹れて飲むのも一般的。
b0018784_0572111.jpg


今回は私一人で飲むのでそのままマグに入れてしまってますが011.gif
カップに茶渋が・・・011.gif

お味はまあ普通の紅茶です。普通においしかったですよ。
[PR]
by ts7dz | 2014-11-18 22:33 | クッキング | Comments(0)

今日は先週土曜日に行ったら、ものすごい人だかりで30分で退散して、ろくに見ることができなかった阪急梅田店の英国フェアのリベンジに行ってきました。

台風一過でしかも平日なので、一抹の不安を感じながら開店の10時ちょっと前に阪急梅田店に到着。
b0018784_23500001.jpg
※これは土曜日に行った時の写真。

入口の前に行くと、既に100人くらい人が集まってきてます。
すぐに開店時間が来ると、みんな走って店内に入って行きます。
お店の人が「走らないでください!」と言っても聞く耳持ちません。
「エスカレーターを歩かないでください!」と言われても、皆さんエスカレーターも駆け上がり、我先にと行く人たちがたくさん。

最終日なのでみんな気合が入っているんでしょうけど、ほぼバーゲンセールと同じノリです。

私は絶対欲しいというものは特になかったし、何か買えればいいやくらいに思っていて、足も痛いしトロトロと9階の催事場へ。
すると10:05くらいだというのに食料品、特にベティーズとマーティン・シファーズの前には長蛇の列。
今回の目玉のベティーズのヨークシャー・ティーローフには整理券が配られ、一番の列ができていました。
結局、1時間ほどで完売してしまったようです。

結局、買ったのはマーティン・シファーズのスコーンのみ。比較的並びやすそうだったので。
ただ、レジ前で気付かずに前の人を追い越してしまったようで、その人に睨まれてちょっとブルーになった場面も。並んでた時からちょっと嫌な予感がしてたのですよ。たまたま同じタイミングで列に入ってきて、「私の方が先なのよ!」って感じがその人からしてたので、面倒になると思って私が下がってたんですけどね。
レジも2つあったし、そんなにガツガツしても一秒の差で売り切れるものでもないのになって思っちゃったんですが、後か先かにこだわってたのかもしれないですけど。

買った後に、ダベンポートのクリームティーセットをイートインでいただきました。

b0018784_23485059.jpg
b0018784_23485084.jpg
b0018784_23485111.jpg

チェリー入りのスコーンにクロテッドクリームとリンゴと桃のジャム。
お茶もたっぷり3杯あったので、お腹タプタプでした。

その後、他にめぼしい物がないか、会場内をグルグル回ってたんですが、私のお財布にはちょっと厳しい値段のものがほとんどだったので、見るだけでおしまいにしました。
紅茶もここであえて買わなくてもいいかなと。

それよりも私が気になったのは、イギリス独特のファブリック類ですね。
b0018784_23485325.jpg
こういうイギリス特有の植物や動物をあしらった柄の生地で作られたものがたくさん。
b0018784_23485292.jpg
このバッグなんかかわいい。生地もボタンも良い。でも、お値段が2~3万円ほどするので見るだけ(^_^;)。

b0018784_23485254.jpg
これもツイードの生地と焼き物のボタンでできているブローチ。
色合いもいかにもイギリスっぽい。
b0018784_23485404.jpg
こちらもツイードの生地で作ってある手作りのポーチ。アップリケのわんこがかわいい。作家さんが来てました。
隣に置いてあるシャツはリバティの生地かな?

私は出来上がった製品よりも材料の生地とか毛糸とかがどうしても気になってしまうので、今回そういったブースはなかったのが残念かな。

1時間半ほど会場内をウロウロして疲れたので、会場を出るとホビーラホビーレがここにもありましたよ~
他にも手芸店が出てたので、嬉しくなってこっちを重点的に見て回りました。
全館的に英国ものを押しているので、催事場以外でも英国産のものを買うことができます。
私はこっちの方が楽しかったりして(^_^;)。

もともとホビーラホビーレはリバティプリントの生地をたくさん扱っているお店なので目の保養になりました。
でも、とてもお高いので今回も見るだけ。マリメッコには負けますけど(^_^;)。
キッドソンの生地を扱っているお店もあったり、イギリスのアンティーク生地やボタンを売ってたりして始終ワクワク。
リバティもキッドソンもマリメッコも手芸をするものにとっては憧れのブランドです。

毛糸もいろいろあったんですが、1玉1500~2000円とかなり値の張るものもあったり、これも目の保養でした。
着分の10玉1パック2万円はダテではありませんでした(@_@)。
百貨店の手芸店はやはり1ランクも2ランクも上でした。


こちらはおまけの写真。先週の土曜日に撮影したものです。
b0018784_23500169.jpg
b0018784_23500163.jpg
イギリスの黒塗りタクシーです。
イギリスではこのタクシーには何度もお世話になりました。
普通のタクシーも便利ですが、このタクシーはやはり違います。
料金は少々張りますが、接客態度も良いし、何しろ車内が広くて乗り心地も良いです。

今回、初めて英国フェアなるものを知って、初めて行ったのでとても楽しめました。
今まで何で気付かなかったんだろうと思いました。
また次回も行ってみたいと思いました。

[PR]
by ts7dz | 2014-10-15 00:43 | おでかけ | Comments(0)

憧れの・・・

今日は病院へ行くために、京都中心部まで出た。

帰りに高島屋に寄って手帳を買い(今頃遅いよね〜)、手芸店がありそうなのでぶらぶら。

高島屋の手芸店は「ホビーラホビーレ」でした。売り場は小さいけど、さすが百貨店に入ってる手芸店。品揃えも高級なものがいろいろ026.gif

中でも、リバティプリントの生地がたくさん。イギリス好き女子や手芸が好きな人なら一度は欲しいと思うテクスチャー。

普通に買うと1m当り3000円くらいかな。端切れでも1000円〜って感じ。
今回は見るだけで終了001.gif

続いて帰り道の四条通にある手芸店に寄る。ここは手芸店と言うより、生地屋さん。ここの目玉は、土地柄ちりめんもあるけど、最近流行りの北欧柄。
その中でも人気のマリメッコの生地。

これもなかなかお高くて手が出ません。店頭に無造作に置いてあったりするのだけど、1m当り6000円と破格のお値段。
端切れでも1500円。かわいい柄だけど、気軽に買えませんのぉ。

と言うことで、今日は完全にウィンドーショッピングで終了。編み物の本は買ったけどね011.gif
[PR]
by ts7dz | 2014-05-14 12:58 | ビーズ | Comments(0)

Once Around The World/It Bites

b0018784_23405346.jpg

先日の来日公演の後、ずっとしまいっぱなしだったOnce Around The Worldを引っ張り出してiPodに入れて聴いています。
このアルバムは改めて本当に完成度が高いと思いました。確かにアメリカでの発売はゲフィンからでしたから、ワールドワイドに売り出していた頃だったので当然といえば当然だったのかも。

特にタイトルトラックのOnce Around The Worldは14分を超える大作で、ジョン・ベックのキーボードプレイはGenesisのそれを彷彿とさせるメロディーライン。それに加えて、リリカルな歌詞とピーター・ガブリエルを連想させる歌声とハードなギターのリフ。
昨日からこの曲ばかりリピートして聴いています。

残念なのはこの曲が入っているアルバムが日本では入手しにくいみたいですね。上のリンクから試聴ができます。
ライブでも客席からこの曲のコールがあったくらいで、ライブで完全再現できれば(以前はやっていたと思います)それなりに盛り上がるのは間違いなしかと。
今回の来日公演では、一番最後にエンディングの部分が抜粋されて演奏されました。
エンディングにはぴったりの曲です。

なんか知らない間に、19年前の東京でのライブ映像がDVDになってた。
買ってみようかな。
[PR]
by ts7dz | 2009-07-08 23:45 | └Prog Rock | Comments(0)

祝! It Bites再来日

b0018784_2254967.jpg

ホウェン・ザ・ライツ・ゴー・ダウン

一体いつ以来でしょうか、彼らのライブ演奏を聴けるのは。
前回の来日は1990年だったんですね。それから数えて19年ぶりの来日。
初来日公演、行きましたよ。懐かしいです。
残念なのはボーカルのフランクがいないことでしょうか。
実は再結成後の演奏を今の時点で全く聴いていないので、どうなのかはまだなんとも。

で、来日の情報を聞きつけチケットは取りました。
7/3の渋谷O-Eastに行きたいと思います。
が、仕事が・・・架橋に入っている時期なので、早めに上がらせてもらえるか微妙なところです。
あ~あ、スタンディングじゃなくて指定席だったらこんなに心配しなくてもよかったのに。
定時上がりじゃ絶対間に合いません。
おそらく観客の平均年齢かなり高いと思うのでもうちょっと考えてよ~>Zakさん
6時渋谷なんて普通無理だって。
[PR]
by ts7dz | 2009-06-29 23:05 | └Prog Rock | Comments(2)

Spinal Tap - One Night Only World Tour
b0018784_0142686.jpg

以前、Queenのロンドン公演のチケットを買って以来、livenationのメルマガがしょっちゅうくるのですが、今日はこんなのが来ました。

一部の(?)Yesファンならすぐにピンと来るバンドでしょうが、日本では知っている人は一握りでしょうね。
で、こんなのがライブをやってしまうそうなんですね。
25周年記念だとかで、Wembley Arenaでやるそうです。
チケット代は10000円くらいです。
いつやるんだろうと思って見たら、6/30じゃないですか。
イギリスに行けたとしても日にちが近すぎて観に行けません。

彼らはビッグイベントなどで結構呼ばれて出演したりしてますが、ちゃんとライブをやるのは珍しいのではないのでしょうか。
一言で言ってしまうと、彼らは「お笑いバンド」です。
映画が一番有名かと。
でも、日本語ではもう見れないかな・・・
ストーリーはいたって簡単。ボーカルがバンドのメンバーと不仲になり脱退。
紆余曲折の結果、バンドに戻って、再結成してライブを行うというドタバタ映画だったと思います。

詳しいことは、こことか、こことか、参考にしてみてください。
[PR]
by ts7dz | 2009-06-23 00:25 | ├Rock全般 | Comments(0)

イタリア旅行記が全然進まないうちに、イギリスに何となく行きたくなってきてしまいました。
どうも精神的に参ってくると外国に行きたくなる傾向があるような・・・
現実逃避なんでしょうけど。
確かにこの1,2年は生活が一変したストレスと、健康の不安もあって心配事が続き、何か変化が欲しい気分になっているのかも。

今年のお正月にイタリアへは行きましたが、今までの旅行とは意味も形も違う気がするので、別の意味での行きたい病かも。

More
[PR]
by ts7dz | 2009-06-04 22:55 | ├旅行全般 | Comments(0)

テスコジャパン

ひつじのお散歩さんのブログからTBさせていただきました。

全然知らなかったのですが、日本にもTESCOが上陸していたんですね。でも、テスコという名前でスーパーがあるわけではないようで、「つるかめランド」というチェーンの中に入っているという感じですね。

TESCOはイギリスに行くたびにお世話になるスーパーで、日本で言えばダイエーのような位置づけでしょうか。

家の近所ではないけれど、結構地元にもあるみたいなので、機会があったら行ってみたいと思います。
あの青と白のシマシマ模様のレジ袋が懐かしかったり・・・
最後にイギリスに行ったのは2006年なので、次はいつ行けるかなぁ。今年の秋頃にでも行ければいいんですけど。
[PR]
by ts7dz | 2008-04-30 21:31 | ├旅行全般 | Comments(0)

Itinerary

07/07/05(木) 成田 --> ロンドン〔1〕 〔2〕 〔3〕
07/08/05(金) ロンドン Concert/Queen+P.Rodgers(15日に延期)〔1〕 〔2〕 〔3〕 〔4〕 〔5〕
07/09/05(土) ロンドン --> 湖水地方〔1〕 〔2〕 〔3〕 〔4〕 〔5〕 〔6〕 〔7〕
07/10/05(日) 湖水地方〔1〕 〔2〕 〔3〕 〔4〕 〔5〕〔6〕
07/11/05(月) 湖水地方 --> カナーヴォン〔1〕 〔2〕
07/12/05(火) カナーヴォン/スノードン登山鉄道
07/13/05(水) カナーヴォン --> ロンドン
07/14/05(木) ロンドン Musical/We Will Rock You
07/15/05(金) ロンドン -->
07/16/05(土) 成田

 と、こんな感じでいつもながら駆け足の日程で行くことになりました。
が、日程からお察しのとおり、初日早々からとんでもない事態に巻き込まれることになるとはつゆ知らず、この日程で準備を進めていったのでした。

 イギリスは94年に行って以来11年ぶり。しかも今回は現地で会う人もおらず、全行程まったくの一人旅。
 いつも海外へは大抵ライブ等のイベントが目的で行くので、今回は純粋に観光しようと決めて旅行の準備を始めたのに、結局、ライブとミュージカルの予約を入れてしまいました。
 これが旅をタイトにさせてしまうのでいけないのかもしれない・・・ しかし、音楽好きにロンドンで何も観るなというのはちょっと酷な話かも。ないならないでちょっとさびしいものがありますが。

more...
[PR]
by ts7dz | 2007-11-30 00:00 | ├イギリス旅行2005 | Comments(2)