今日はトリミングデー

今日は月いちのトリミングデーでした。

初めの何回かはドッグサロンでやってもらっていたんですが、なにせトイプードル。
トリミング料金がトップクラスなのであります。
最低でも6000円からで、だいたい7000~8000円かかります。
人間の私さえそんなに毎月かけてないのに、お犬さまさまです(:_;)

そうこうしているうちに、マロンが生まれたブリーダーさんのところでトリミングのサービスも始められたとの話を聞き、格安でやって頂けることになったのです。これは吉報。

正直、毎月1万円近くのサロン代はきついと思っていたので、大助かりです。
確かにサロンでやって頂くと、ものすごーくきれいにお手入れしてくれるのですが、うちの神経質なマロンにはtoo muchなところがあり、ストレスからか帰ってくると下痢をしていたものです。

その点、ブリーダーさんの所は、マロンの知っている場所で知っている匂いもある。
そして知っている犬もいるし、仲良しの看板犬も何頭かいて、空き時間には一緒に遊ばせてもらえるのでストレス解消にもなってると思います。
普通、サロンに預けると順番が回ってくるまでクレートやケージに入れられていたりするので、それなりにストレスだと思うし。
ブリーダーさんの所では適度にお手入れして頂けてるので、マロンも以前よりはストレスにはなってないと思います。

犬を飼ってない人はあまりご存じないかと思いますが、サロンのお手入れは毛を刈ることだけではないんです。
全身くまなくお手入れするので、結構大変なんですよ。
ブラッシング、シャンプー、トリートメント、ドライ、カット、爪切り、耳の手入れ、肛門腺絞りなどなど。歯磨きをしてくれるサロンもあります。
一番大変なのはブラッシングからカットまででしょうかね。特にプードルは毛質の関係で扱いが大変なんです。
毛が細くてカールしているのでもつれやすく、毛玉もできやすいのでブラッシングも大変です。
毛が細いため乾かすのも時間がかかります。
どれも犬にとっては好きなことではないので、特にうちのマロンはお手入れ嫌いなのでどれも家ではとても嫌がります。日々トレーニングで慣れてもらうしかないんですけど、なかなか難しくて・・・(:_;)



b0018784_23464333.jpg

で、今回はこんな感じになりました。
一年中サマーカットなんですが^^;、より短くカットしてもらいました。
プードルはカットを楽しむ人が多いんですが、犬にストレスを感じさせてまで私はやりたくないので、できるだけ普段のお手入れが負担にならないようなカットにしていただいています。



b0018784_2346442.jpg

ブリーダーさんの所はカフェなどない普通のお宅なので、終わるまでスーパーで買い物などした後、私はコメダ珈琲でお昼とお茶をしながら待っています。
ここは空いてて静かなので長居にちょうどいいのですよね。
[PR]
by ts7dz | 2015-06-30 00:36 | わんこ | Comments(0)

今夜の晩ご飯

今夜の晩ご飯は、どういう風の吹き回しか、旦那が豚汁を食べたいと言うので作ってくれました。
おかしな天気とかにならないといいんだけど^_^;


b0018784_22413790.jpg


NHKのきょうの料理を録画したのを整理していたら豚汁の回があって、急に食べたくなったんだとか。
材料を用意していて、油揚げとこんにゃくは油抜きとあく抜きの下ごしらえが必要だといったら、「それは小僧の仕事だからやってくれ」だと^_^;。
旦那が今、ドラマの天皇の料理番にはまりまくってるので、小僧だって^_^;
結局、下ごしらえは私がやることに。
でも、他はやってくれるというので、あれこれ言わず黙ってやってもらいました。
たまにはこうしてやってくれるといいんだけどね~

で、他は、

・雑穀入りのご飯
・しば漬け
・きゅうりとわかめの酢の物
・ハモ天

しば漬けは、この前母が遊びに来たときにお土産に買ったのを忘れていったもの。
割と日持ちするので、うちで食べてます。

きゅうりとわかめの酢の物は、ちょっと箸休めが欲しかったのでちゃちゃっとあるもので。
何も材料がないときはよく作ります。

ハモ天は、スーパーのお総菜コーナーで買ってきたものです。
生のハモは、実はほぼ年中出回ってて普通に鮮魚コーナーに並んでるんですが、この祇園祭の時期は特にたくさん食べられるので、総菜コーナーでもできたものが並べられてます。

他の魚よりはちょっとお高めですが特別高いものでもないので、作ろうと思えば天ぷらとか照り焼きとか家でも出来ます。だいたい骨切りしてあるので、そのまま調理が出来ると思います。
[PR]
by ts7dz | 2015-06-28 22:58 | Daily Life | Comments(0)

ビールも祇園祭

夏越しの祓が終わると、いよいよ京都は祇園祭一色になります。
近所の大手スーパーでも、店内に祇園祭のお囃子がBGMにかかっていたりして、だんだん気分が盛り上がってくる頃です。

祇園祭は7/1~7/31と、一ヶ月にもわたります。
7月はたぶん京都が一年で一番賑やかになる時期ではないでしょうか。
その中で一般の人が楽しめる神事や行事がいくつもあるので、この時期に京都に来られる人は是非見て行って欲しいと思います。

b0018784_1755692.jpg


で、噂では聞いていた、キリン一番搾りの祇園祭バージョン
やっと見つけました。京都市内のスーパーやコンビニで期間限定で入手できます。
私はお酒が全く飲めないので旦那のお腹に入ることになりますが、しばらく飾っておくと言ってました^_^;

近畿
[PR]
by ts7dz | 2015-06-27 17:14 | 京都の風景 | Comments(0)

夏越しの祓

6/30は「夏越しの祓」と言って、一年の半分を迎えたところで、残りの半年を無病息災で過ごせるようにとお願いする行事です。

大きな神社などでは茅の輪くぐりもやっているようなので、時間に余裕があったら行ってみたいと思います。

去年まではなんとなくそういうのがあるな、くらいにしか思ってなかったのですが、今年はちょっと気にしてみようかなと思い、とりあえず季節のお菓子を買ってみました。


b0018784_16441565.jpg

水無月。
仙太郎で買ってみました。
ういろうに小豆が乗っているお菓子です。6/30に食べるお菓子です。
実を言うと、ういろうはあまり好きではないんですよ^_^;。
結構、ういろう好きじゃない人が多いと思いますが、これはおいしかったです。

京都で人気の和菓子店といえば出町ふたばがありますが、遠いので今回は出かけた先の百貨店に入っているお店で。百貨店といってもそれなりに人が並んでます。
この時期は皆さん、水無月を買っていってます。

これだけではちょっと寂しいので、このお店で売っている山椒餅も買ってみました。
b0018784_16441541.jpg


b0018784_16441420.jpg


甘い餅に山椒がぴりっときいている一口サイズのお餅です。
きなこのように見えるのは和三盆。甘みは徳島の和三盆が使われているそうです。
山椒好きには良いと思いますが、私はちょっといまいちかな。食べた後に口の中がしびれる感じがちょっと苦手です。
おいしいですけどね。

という感じで、週明けに時間が取れたらどこかの神社に行ってみたいと思います。

近畿
[PR]
by ts7dz | 2015-06-27 17:03 | 京都の風景 | Comments(0)

先月末、滋賀県大津市の坂本に行った際に、リベンジで蓬餅専門店の三九良に行ってみました。

リベンジというのは、坂本に行ったのは実はこの時が3度目で、2回目の時に歩いていて気になったので寄ってみたら蓬餅専門店、且つどうやら人気店らしいというのを見て行ったのですが、行った時間が午後3時頃だったため、売り切れでお店も閉まっていたのでした。

それならば、早めに行って食べてみようということで3度目の正直でようやく食べることができました。
ちなみに、営業時間は5時までとなっていますが、作れる数が限られているので、売り切れ次第お店は閉店らしいです。

b0018784_23531370.jpg

外にはこんなのぼりが出ています。
これを見てなんだろうと思ったわけで^_^;。

b0018784_23531549.jpg

ほうじ茶セットならお手頃。
6個入り、9個入りなどの折り詰めにもできるので、お使い物にも良いかと。


b0018784_2353142.jpg

11時過ぎに行ったので、とりあえずほうじ茶セット。
お店は座敷を上がったところで、縁側にテーブルが置かれています。
おいしゅうございました(*^_^*)。


b0018784_23533641.jpg

こんなお庭を見ながらお茶とお菓子がいただけます。


b0018784_23531188.jpg

座敷には甲冑が飾られていたり、なかなか趣のあるお宅です。
お店は自宅を利用されているとか。


実は、実家が和菓子店だったので、独身時代はこういうお店に行くということがほぼ皆無だったんです。
家には和菓子の材料や商品が常にあったので、両親が外で買ってきたり食べてくるのをなぜか嫌っていたので、自然と避けていたのかもしれません。
お土産と思って買ってきたお菓子を、「うちには菓子はいくらでもあるのに、こんなもの買ってきて」と言われたりして、子供心に正直ショックを受けたものです。日常的に両親はよそのお菓子を避けていたのもありましたし。特に母は職人ではないので、うんざりという感じでしたね。

話が逸れましたが、今はやっと自由になれたというか、今までのしがらみから解放されて、こういうものを誰の目も気にせずおいしく楽しくいただけるようになったのが嬉しいです。


近畿
[PR]
by ts7dz | 2015-06-26 00:00 | 滋賀の風景 | Comments(0)

リネンのチュニックを編み始めてみた。

実は後ろ身頃の袖ぐりの所まで編めてたんですが、ゲージが合わなくなってきて丈が足りなくなってしまったので、一旦、全部ほどいてしまいました。
100段以上も編んだんだけどね。

編み直してみて、やっぱり竹針は編みやすいなぁとつくづく思ったわけで。
今回は金属の輪針でずっと編んでたんですが、滑りやすいというか、ただでさえリネンなのでツルツルと滑ってしまうし糸も細いので、目がユルユルになるし、編み上がりもいまいち。ウールならもうちょっとしっかり編めてたかもしれないけど。

ということで、また最初から編み直しです~^_^;

もう一つ、もう何十年と編み物やってますが、糸の指のかけ方を実はずっと間違えていたことにやっと気付いたんですよ。今更ながらですが^_^;
最近編んでいて、糸に撚りが食ってしまって、糸がネジネジ。編み地も何だかフニャフニャ。
ウールではあまり気にならなかったのが、リネンのように伸縮性のない糸だと、その影響がもろに出てしまうようで。

それも踏まえて、糸のかけ方に注意しながら編み直してみてます。

やっぱり竹の輪針がいいなぁ。


b0018784_16310583.jpg


今回使っている編み物の道具。
今回は2種類の糸を使っていて、1つはコーン巻。そのままだとコロコロ転がってしまうし撚りも食ってしまうので棒に立てて使っています。
これは編み物専用の道具ではなくて、キッチンペーパー立て。しかも100円で買ったものです。

その隣にあるのは、糸が転がっていかないようにしつつ糸を出せる入れ物。海外ではknitting bowlというおしゃれな道具があるそうなんですが、日本では一般にはそんなものは売ってないのでビニール紐を転がらずに崩さずに使えるという入れ物を見つけたので買ってきました。これも100円です。
目的は同じなので編み物にも使えるかと思い使ってみてます。今のところいい塩梅です。
最近では蓋にストロー穴が開いているジャーを代わりに使っている人もいるみたいですが、結構良いお値段するし、良さそうなのが100円ショップになかったのでちょうど良いかなと思って。

knitting bowlって陶器製できれいなデザインのものもあるそうなので、インテリアとしても素敵なんですけど、日本てそういうおしゃれ感覚のある道具って本当に少ないですね。実用的なことはとても大事だけど、デザインにもうちょっと遊び心があってもいいかと思うんですが。


b0018784_16310564.jpg

課題もそろそろ取りかからないといけないんだけど、暑いのでウールになかなか手が出ません。

ハンドメイド


[PR]
by ts7dz | 2015-06-25 17:05 | 編み物 | Comments(0)

暑くなってきたのでたまには毛糸の整理をしないといけないと思って毛糸箱をひっくり返してみたら、ずっと前に編んだものが出てきました。
一応、毛糸もウール製品なので、ちゃんと管理して防虫剤を入れておかないと虫が食ってしまうのですよ。

前にデパートでレースのボレロを見てすごく良いと思ったので、自分でも編めないかと本に載っていた作品を手持ちの糸で編んでみたのがこのボレロ。
売っていたのは当然こんなにしょぼいものではなく、しっかりきれいに編まれている水色や若草色のボレロだったので3万円以上の値段がついていました。

すでに指定の糸は廃盤になっていたので、番手が近い糸があったのでそれを使ってみたのだけど、これがうまく行かない行かない。
かぎ針は始めるのには易しいけど、意外とゲージを合わせるのが難しいのですよ。
結局、自己流で無理矢理合わせたので、作品としてはどうかと思うほどの出来。
それに、ウエァなのに真っ白というのもどうかと、編み上がってから思ったのでしまい込んでいました。
色はベージュとか黒なんかの方がよかったかなと思います。


b0018784_16310519.jpg

レースの柄の定番のパイナップル柄が背中一面にあしらわれているデザインです。

b0018784_16310569.jpg

また、余裕が出来たらこんな感じのものをちゃんと編んでみたいものです。


ハンドメイド



[PR]
by ts7dz | 2015-06-25 16:43 | 編み物 | Comments(0)

【編み物】試し編み

編み物講座の課題の添削がなかなか返ってこないので、糸の消化にウェアを一枚編んでみようといろいろ試し編みしてました。

b0018784_23323101.jpg
両方とも去年買ってあったもので、緑色の方は毛糸ZAKKAで買ったプロバンスシリーズのTours(トゥールズ)でリネン100%。サイトにあった編み図のタンクトップを編もうと思って買ったのだけど、引きそろえて編むのを見落としてて色の選択を間違えたのと、引きそろえの糸を買ってなかったという^_^;。
黄色の方は、コーン巻祭りでジャケ買いならぬ糸の見た目と素材で買ってしまった、これも毛糸ZAKKAのMaglie(マーリエ)でリネンとアクリルの混紡。

最初トゥールズだけでいろいろ試し編みしてみたら、やっぱりリネン100%だけだとかなりごわつくので柔らかい糸と一緒に使わないと編みにくいし、風合いもいまいちだと判断してマーリエと引きそろえてみました。フレンチリネンだともうちょっと柔らかいんでしょうけど、ちょっとお高いので。
どっちも極細タイプなので、2本取りでちょうど中細くらいの感じです。


b0018784_23323282.jpg
かぎ針も試してみましたが、いまいちだったので棒針で編んでみることにしました。二本取りがあまり慣れてないので目数を間違えたり、糸を拾い損ねたり、編み間違えが結構出そうですが、どうにかなりそうです。マーリエが所々にネップがあるのでちょっと編みにくいですが、アクセントになるといいな。

このウネウネは模様編みだけで自然に出てくるので面白いなと思いました。

<試し編みメモ>
使用糸・・・プロバンスシリーズ Tours(トゥールズ) リネン100%
      Maglie(マーリエ) リネン64% アクリル36%
使用針・・・棒針8号
ハンドメイド


[PR]
by ts7dz | 2015-06-17 23:52 | 編み物 | Comments(0)

ネタはたくさんあるのになかなかアップできず、忘れた頃にブログにアップというお粗末さですが、ちょっとお付き合いを^_^;

過去の投稿はとうにわからなくなってしまっていると思うので、花灯路その1その2はそれぞれ参照してみてください。


b0018784_00445120.jpg
常寂光寺(じょうじゃっこうじ)
昼間は行ったことがないので、昼と夜の違いがいまいちわからなかったんですが、嵐山では紅葉で人気のお寺のようです。
花灯路の道順に沿って行って、この時は行こうと思って行ってなかったので、改めて確認です。

b0018784_00450271.jpg
夜のライトアップでは紅葉がこんな風になってました。
ここは拝観料が必要なので、この時はパスしました。

b0018784_00462191.jpg
落柿舎(らくししゃ)へ行く途中のライトアップ。
田んぼの畦に沿って明かりが灯されています。

b0018784_00463580.jpg
途中、ところどころにこうした生け花が展示されています。
ライトで暗い中に浮かび上がる生け花もきれいです。


b0018784_00470860.jpg
冬の花灯路の展示で、一番奥まったところにあるのが二尊院
ここは拝観料を払って入ってみました。
ご本尊が2体あることから二尊院と呼ばれているそう。そしてJRの「そうだ、京都、行こう」のキャンペーンに使われたのだそうです。知らなかった~^_^;

b0018784_00472029.jpg
そしてここにも生け花が展示されています。草月流ですね(*^_^*)。


b0018784_00473107.jpg

紅葉も12月ともなるとだいぶ色あせてしまっているので、ライトアップでもこのくらいが限界なんでしょうね。


b0018784_00473849.jpg
本堂へ続く道も明かりで照らされています。

b0018784_00474489.jpg
本堂。もうちょっと早い時期に来ればよかった^_^;。

b0018784_00475312.jpg

b0018784_00485113.jpg
本堂の前には、かいこの繭で作られたかわいらしいオブジェが並んでました。


b0018784_00483009.jpg
山から下りてきて渡月橋のあたりまで戻ってきました。
駅に着いた時にはまだ少し明るかったのでわかりにくかったですが、暗くなると山肌にまでライトを当ててライトアップしています。

嵐山には過去2回の花灯路とリラックマキャラバンの3回で、しかも明るいうちに行ったのは1回。昼間は奥の方まで行けなかったので、ちゃんと見てないというお粗末さです^_^;
夜間のライトアップは昼間の様子を知った上で行くものですね。
暗い中で知らない場所を訪れてもなかなかわかりにくいものです。
今後の反省点です。

これで2012年の花灯路のレポはおしまいです。

嵐山も基本的にはかなり歩く観光スポットです。
見どころはいろいろありますが、ポイントを押さえて行ってもそれぞれがかなり離れているので、一日かけて見て回るのがお勧めかと思います。
あるいはレンタサイクルを借りて回るのも良いかと思いますが、春や秋の観光シーズンはものすごく混雑するので、自転車を押して行かないと回れない場所も多々あります。竹林の小道などは非常に人気があるところですが、道がとても狭いので混雑時にはとても自転車に乗って通ることはできません。
夜間の花灯路はあえて明かりを付けてない展示なので、自転車は危険ですね。歩いて回りましょう。もしくは長距離移動は乗り合いの無料のジャンボタクシーも出ているので、そちらを利用しましょう。

ということで、今年は行けるかどうかわかりませんが、また12月に開催される予定です。

近畿


[PR]
by ts7dz | 2015-06-15 01:30 | 京都の風景 | Comments(0)

b0018784_23392493.jpg
*AXNミステリーのHPから写真をお借りしました。


超久々の海外ドラマネタです。

番組が放送されているのは知っていたんですが、撮り溜めたドラマが山のようにたまっているのでなかなか見る時間が取れず、ずっと放置状態でした。

で、今回、AXNミステリーで第1話から放送されるということで、良い機会なので見てみようと思って2話まで見てみました。
普段はSFやクライムサスペンスを見ることが多いので、こういう時代物でいわゆる「ドラマ」と言われるジャンルの作品を見ることがあまりなくて最初ちょっと戸惑いました。

いつも見ているようなアメリカのSFやクライムサスペンスもののドラマと比べると、まず登場人物の多さに驚きました。
まだ、2話しか見てないですが、早くも名前が覚えきれないわ^_^;。
字幕版なので余計に追いつくのが大変なんですが。
普段はアメリカものが多いので演出が派手だったり、テンポがものすごく速かったりというのに慣れてしまっているので、そのテンポの違いにもちょっと戸惑いが^_^;。
見る機会が少ないのは、イギリスのドラマがあまり日本では人気がない(というか、認知度が低い)ので仕方がないのですけどね。

前置きが長くなりましたが、このドラマの内容を一言でいうと、イギリス貴族のダウントン邸で起きる、伯爵一家とその使用人の愛憎劇です。

貴族階級と労働者階級の差が歴然としているイギリスならではの物語。
あからさまな差別がものすごい(@_@)。
この貴族階級や労働者階級について全く知識がないとこの物語について行くのはちょっと大変かもしれないけど、知り始めたらとても面白いと思う。
ま、イギリスの文化や歴史には興味はあるし、何度もイギリスには行っているので、イギリスものに抵抗がある訳ではないので、こればかりは慣れなんですがね。
私も英文学をちょっとかじったことがあるので、全くの無知識状態ではなかったのは良かったのかも^_^;。

映像面ではチルトシフトを多様しているのに気付いた。
遠近感を出すのに遠景や近景をぼかすことは普通のことですが、画像の中心部や特定の登場人物にフォーカスを当てたいような場面で手前に強いぼかしが入る場面がよくありました。
今まで私が見たドラマではこういう効果を使っているのを見たことがないです。
なかなか面白い演出だと思います。
あとは全般的にセットや衣装にお金が相当かかってると思います。
だてにエミー賞やゴールデングローブ賞取ってないですね。

とりあえず、しばらく放送があるようなので続けて見ていけたらと思います。

余談ですが、現在はS4がスターチャンネルで放送が始まったばかり。それと前後してNHK地上派でS3の放送が終了して続きが見れないと、がっかりして嘆く人が続出。
スターチャンネルの契約をすればすぐに見れるのはみんなわかりきってるんですけど、見れる人ばかりではないですよね。

NHKの海外ドラマのシリーズ途中での放送打ち切り(今回は打ち切りになるかどうかはわからないですが)は今に始まったことではありません。
今までにNHKに放送放棄された作品がいくつあったかもう数えきれません。
ひどいものだと1時間ものを30分に短くカットして放送し、しかも最初の2,3シーズン放送してそのまま放置。
結局、その後NHKで放送されることはありませんでした。
私はその作品がNHKで放送が続くとは到底思えなかったので、すっぱりあきらめてCSに乗り換えて最終シーズンまで視聴。

放送打ち切りは、おそらく放送権料の問題があるんだと思います。
シーズン初期は人気が出ないものもあるので放送権料は安いんだと思います。そして人気が出れば放送権料は上がります。
結局、NHKは高い放送権料を払いたくない(払えない)ので契約をせずにそのまま打ち切りという形を取っているのでしょう。

視聴者は意見することしかできないですが、なんだかNHKはつまみ食いのような形の契約で視聴者を振り回している感じですよね。
とどのつまり、大人の事情ってところなんでしょうが、サービスを受ける視聴者は納得できないですよね。しかも一応有料放送ですから、NHKは。

いつまでも嘆いていてもつまらないので、続きを見る方法としては、一番手っ取り早いのはスターチャンネルの契約をすること。
手間も費用もかかるのでそこまで無理って人は、S4放送終了後に発売されるであろうDVDの発売を待って購入orレンタルがその次でしょうか。
スターチャンネルの今のスケジュールだと8月初めにS4の放送が終了するので、DVDが出るのは秋以降ではないでしょうか。
そのお金も払いたくないという人は、可能性があるかどうかまだわからないNHKの放送を待つしかないでしょうね。
ちなみに次のドラマは17回シリーズなので、同じ枠で次々回作のドラマが放送されるのは早くても10月。
NHKの放送を待つかDVDを待つか。微妙なところですね。


[PR]
by ts7dz | 2015-06-08 01:48 | ├TV Shows全般 | Comments(0)