さっき聴いてたラジオでラスベガスの話をしていたので、ふと思い出したのがStar Trekのコンベンション。

欧米各地でコンベンションが行われていますが、Star Trekで最も規模が大きいのがラスベガスのコンベンションです。

Star Trekはまだ行ったことはないですが、過去に一度だけStar Gateのコンベンションに行ったことがあり、日本ではなかなかこのようなイベントは行われてないなと思います。最近、東京や大阪で小規模ながらコンベンションを開いてくれる会社が出てきてますが、欧米のものとは規模が違いますね。
でも、やってくれるだけとてもありがたいと思います。

で、Star Trekのラスベガスのコンベンションですが、いくら私が好きでもなかなか敷居が高くて行くのは難しいですね。
なによりも先立つものがないので・・・(^_^;)

最近はチェックしてなかったので、今はどのくらい費用がかかるのかと見てみたら、ドッヒャー(@_@)と思うくらいのチケット代。
一番高い4日間通しのチケット(来年の8月の開催ですが既にソールドアウト)で$800弱。
今回はゲスト13人のサイン付で、その他いろいろ特典が付くみたいですが、今年は13年連続ですぐにソールドアウトになったそう。

一般のチケットはもう少し安いと思いますが、写真やサインはオプションで別料金になります。
だいたい$40~$80/personが相場みたいですね。
ホテルも別料金です。コンベンションの特別料金で平日は$100切ってるようですが、週末は$100を超えてます。
ラスベガスのコンベンションは毎年8月のお盆の時期なので、日本から行くのには非常にお金がかかりそうですね。
あと、これもお好みで参加なのですが、オークションがあったりもします。
本気のオークションなので、ちょっと出したくらいでは落札は難しいと思います。
他の都市でもコンベンションが多数行われていますが、かかる費用はまちまちだと思います。

過去にStar Trekではないですが、Star Gateのコンベンションに行ったことがあるのですが、これは楽しかったです。
普通は大手のプロモーターが主催するのですが、この時はファンベースでかなりアットホームなコンベンションでした。
それでも期間中の通し券が$250くらいで、普通ならサインや写真は別料金のところ、規模が小さかったせいか込み込みでもらうことができてとてもラッキーでした。
オークションもありましたが、数百ドルは必要な感じだったので見てるだけでした。
ホテルはコンベンション会場のホテルチェーンでしたが、6連泊はちょっとしんどかった。
割引があったとはいえ、ホテル代だけで8万円くらいかかっちゃったので、お財布もしんどかった。

あと心残りだったのは、もう少し英語ができてればもっと楽しかったかなと思いました。
ゲストのトークショーなんかもあったりするので、ネイティブの英語がわからないとちょっと厳しいかなと。
もう10年くらい前のことなので、記憶があいまいですがいい思い出です。

時間と機会とお金があればまた行ってみたいなと思いました。

海外スター・ドラマ


[PR]
by ts7dz | 2014-12-27 21:24 | └StarTrek | Comments(0)

先週、お盆休みというのもあって、早々と先行公開で見に行ってきました。

本公開は今週の金曜日なので、ネタバレにならない程度で書こうかなと。

とにかく、日本でこれほどまでにスター・トレックが盛り上がったことは
なかったように思う。

スター・トレックと言えば、とんがり耳の宇宙人がいて、オタクっぽいと
思われ、肩身の狭い思いをしてきました。
それがそれが、カンバーバッチのおかげか、何ともスタイリッシュに
大変身したスター・トレックに驚きを隠せずにいます。

そして、最後のエンディングには感動しました。
素晴らしい映像とともにスター・トレックのテーマ曲が大音量で劇場に
流れるなんて、そうそうあるものじゃない。
しかも、アレンジもなんかカッコいいし(*^_^*)
普段は家のTVでチマチマ見るのが関の山ですから。

あと、カンバーバッチが出演しているおかげで、普段SFにあまり親しん
でない人がずいぶん見てくれているというのが嬉しい。
正直なところ、スター・トレックを初めて見てどう感じたか、STファンから
するととても気になるところでもあります。

前作は、プロモーションもそれほど力を入れてなかったようで、興業的には
鳴かず飛ばずという感じだったような。公開期間もあっという間に終わっちゃって
劇場に行ってもお客さんがパラパラいる程度で、日本での人気ってやっぱり
こんなもんかとガッカリした覚えがあります。

確かに、前作はTOS(The Original Series、ウィリアム・シャトナーがカークで
レナード・ニモイがスポックのTVシリーズ。47年前に作られた一番古い
シリーズです)を知らないと確かに見るのには辛い内容だったように思う。
私は一応、TOSは全部見てるので、あえて予習は必要なかったんですが、
初めて見た人はなんだか良くわからんという内容だったと思います。

前作は、STの世界観をちょっとでも知ってると、楽しめたんじゃないか
と思いますね。

そして今回、まさかあのキャラを登場させるとは思いもよりませんでした。
これにはやられました。
なかなか粋な設定です。

今回のSTIDは一味違う。
確かに、TOSを知っていた方がより楽しめる内容だと思いますが、
知らなくても十分楽しめる内容になってると思います。
このあたりが今回のJJマジックなのかな。
脚本や設定が本当によくできてると思います。

逆に、よほど思い入れがないと、古いシリーズや映画を見ると、設定や
特撮が古いのでパッと見、かなり(というかものすごく)見劣りすると思う
ので、ガッカリするかもです。

それくらい、今回の映画は特撮も素晴らしいし、設定もきめ細かいし、
且つ、初めてでも楽しめるという内容になっているんじゃないかと思う。

それでも、過去の作品をさかのぼって見てみたいという人は、どんどん
見てください。
TOSのTVシリーズは、1stシーズンの後半、映画は何本目かというのを
言ってしまうとネタバレになるので、比較的初期のものとだけ言っておきます。

しかし、ピーター・ウェラーが悪役っぷりを見せてくれてますね。
最近は、ドラマでヒール役ばかり演じてるピーター・ウェラーですが
俳優さんて、年を取ってくると悪役をやりたくなるんでしょうね、きっと。
若い頃は、ロボコップ一色だったから、そのイメージを払しょくしたいのも
あるんでしょうね。

ムビチケを買ってあるので、2回目はどの劇場で見ようか思案中です。
吹き替えがいいか、字幕がいいか。それとも3Dか2Dか。
しばらくは楽しめそうです。
[PR]
by ts7dz | 2013-08-20 00:21 | └StarTrek | Comments(2)

ムビチケ

b0018784_10214166.jpg


先週末、映画館に行った際にやっとStar Trek:Into Darknessのムービー
チケット買ってきました。

本当は全6種類あるのですが、一応、前売り券なのでとても買い切れず
無難なエンタープライズ号カーク船長の2種類を購入。

6種類買う人結構いるんだろうなぁ。

8月下旬の公開まで、ボチボチとイベントや試写会招待も用意されているらしい
のだけど、一気に告知される訳ではないので、なんだかもどかしい。

何度も言いますが、なぜ日本の公開がここまで遅いのか納得がいきませんね。
既にかなり興ざめしてるんですが・・・(-"-)
京都市内で公開される映画館はたったの1館
公開期間はせいぜい3週間程度でしょう。
ま、見れるだけマシってところなんでしょうか・・・

イベント目白押しの東京がうらやまひい・・・。゚(PД`q。)゚。
[PR]
by ts7dz | 2013-06-25 10:32 | └StarTrek | Comments(2)

バッチさん、来日決定!

なんと、来月7/16のStar Trekのイベントのために、ベネディクト・カンバーバッチさん、来日が決定したそうな。

試写会もこれから各地で行われると思われますが、こういうビッグイベントは
東京だけだろうから、当たったとしても行けないわ。ガックリ(:_;)

せめて試写会だけでも大阪でやってほしいわ。

しかし、映画が公開される国の中でも、日本が断トツで遅れてるのには
どうにも納得いきません<`ヘ´>

欧米、オセアニアでは5月にとっくに公開されているというのに
なぜ日本は8/23と4ヵ月も後?

いろいろ大人の事情があるのでしょうが、まあ、日本での人気の温度差
も一因なのでしょうね。
スターウォーズは知ってても、スタートレックって何?っていう人もいっぱい
いるでしょうし、スタートレックはTVシリーズ見てないと本当の面白さが
わからない部分も多々あるので、日本のTVでは一般的でなかったST
の認知度が低いのは仕方がないのかもしれない。

でも、やっぱり世界同時公開が良かったなぁ。
[PR]
by ts7dz | 2013-06-18 13:32 | └StarTrek | Comments(0)

オークションて・・・

STの記念カードが買えなかったので、超久しぶりにオークションに挑戦してみました。

その結果は・・・

more...
[PR]
by ts7dz | 2006-09-24 22:10 | └StarTrek

ST40周年記念 Tカード

やっと都心に出られたのでSTのTカードを探しに行って来ました。
しかし、時既に遅し。買うことができませんでした(T^T)。都心に出るなら、浅草橋まで出ようと夕方までビーズ屋巡り。ちなみに、浅草橋は完売の貼り紙があり、2つ先の人形町で聞くと、もうほとんどどこも完売だということで、あるとすれば高島平の方だけとのこと。しかも、1、2日前のことなので、まだあるかどうかもわからないし、人形町からでもかなり遠いので泣く泣く諦めました。

発売からわずか一週間で限定1万枚のカードがほぼ完売です。恐るべしSTファン。
聞くところによると、一人で何十枚も買ってく人もいたそうなので、買い占め(大人買い?)状態。
余分に買った人から譲ってもらうか、オークションしかないかなぁ。
誰か定価で譲って~m(_ _)m

恐らく、海外でもeBayで高値で取引されるのは間違いないでしょう。人気は日本の比じゃないですから。限定1万となればレアアイテムになりますからね。
[PR]
by ts7dz | 2006-09-23 23:14 | └StarTrek

ST40週年記念サイトの記事よりTB

1万枚限定で9/16から発売されているそうですが、悲しいかな買いに行けてません。週末はいろいろと用事が入ってしまったので、都心まで出られず、平日は仕事なのでメトロには乗れないし。
そんなに売れるのかと思っていたら、売り切れ続出だそうで、うかうかしていると買えないですね。もう買えないかもしれないけど・・・
これは海外のファンも欲しがりそうですね。
[PR]
by ts7dz | 2006-09-21 00:42 | └StarTrek

Star Trekまるごと40時間

Star Trekまるごと40時間

出遅れましたが、おとといからStar Trekのまるごとシリーズが始まってます。今日で3日目。
実は、本編はほとんど見ていません。
10年くらい前から数年間は毎年楽しみにしていた企画でしたが、放送が進み本編も大方見てしまったし、DVDも適度に集めてしまった今、改めてTVで見るという理由がなくなってしまったから(時間がないというのもあります)。HDDに全く余裕がないのも理由かな。

唯一見るとするならENTのS4の後半でしょうか。
とはいっても、S4はほとんど見てないので、録画してあるものをじっくり見ようかと思っているところなので、見るかどうかは未定。
でも、今回の放送で、レギュラー放送よりもDVD発売よりも先取りになるんですね。
DVD発売もレギュラー放送よりも早く完結してしまうんですよね。今まではDVDの発売を首を長くして待っていたのになんか複雑。

今回録画しているのは、本編の合間に流されているStar Trek File。実はこっちの方が楽しみだったりします。ほとんどインタビューですが、見ていないものばかりなので、これはちょこちょこと録画してます。

ということで、実に消極的な見方をしている今年のまるごと企画でした。

TOSのランキングはちらちら見てましたが、なるほどって感じでした。
1位はやっぱりあのエピソードでしたね。
いつでもあのエピは人気が高いですからね。

それにしてもシャトナーさん、何年か前にテレビで見た時、お太りになってまるで別人のようになってたのは驚きましたが、もう慣れました。

プレゼントは、毎回なんですが、フィギュアとかプラモとかあまり興味がないので応募したことないんですよ。今回はネックピース型ホルダーに応募。10人なので、他のものより競争率は低いかと。

アンケートですが

好きなシリーズは?の問いに対して

入門になったのはTOSですが、はまったのはTNGなので、

「TNG」に投票。

好きな映画は?の問いに対して

自分から進んで映画館に足を運んでリアルタイムで最初に観た映画ということで、

「ジェネレーションズ」に投票。

こんな感じです。
[PR]
by ts7dz | 2006-09-18 12:27 | └StarTrek

今年はStar Trek 40周年

去年あたりから、今年はStar Trekが放送開始40周年ということで、ファンの間ではかなり盛り上がっているようですね。
既に来月のSuper! Drama TVでは「スタートレック まるごと40時間」の特番が待ってますし。

今頃という感じになってしまいましたが、今月から取り始めたJapan Times Weeklyの今週号に、つい先日アメリカのラスヴェガスで行われた40周年記念のコンベンションの記事が載っていました。日本の英字新聞ですが、いわゆる一般紙に載ったことは、STは英語圏では誰もが知るところなんだと改めて思いました。ちなみに、記事に使われている写真は、アンドリア人のコスプレをしたファン2人の写真です。

(コンベンションて、コスプレウォッチングも実は楽しい(^^;)

で、この記事によると、"Trekkies"というStar Trekファンを指す言葉が、あのOxford English Dictionaryに載っているんだそうです。辞書に載るほど認知度が高いということなんですね。

"Trekkers"というのも聞いたことがあるんですが、これはTrekkiesよりも後で使われるようになったとか。言葉の感じから、Trekkersは「他の人をファンにさせてしまう人たち」という雰囲気なんですが。
詳しいことはよくわからないんですが、なんかそんなようなことを昔聞いたような気がします。
[PR]
by ts7dz | 2006-08-31 01:15 | └StarTrek

StarTrek面白ビデオ

You Tube、好きで主にミュージックビデオをよく検索してるんですが、たまたま横に表示されていたDirector VideoのコーナーにStartrekのビデオがあったので見てみたら、ムチャクチャおかしい(^^;)。

そのビデオ、言葉は英語なのでよくはわかりませんが、79万回以上も見られているビデオです。出演者は全てフィギュア。スポックが壊れてます。見たい人はココ

これは私の趣味というわけではないのですが、やおい系のビデオです。
真剣に見ないように(^^;)。見たい人はココ
日本じゃアニメのやおいは腐るほどありますけど、海外のSF系も負けてはいません。
(ちなみに「やおい」は英語でSlashといいます。キャラクター名を"/"で並べるからでしょう。)

こちらは成りきり系。View数は少ないですがココとか。
コレなんかはよくできてますね。メイキングもあるので、この人たち実はプロなんじゃないでしょうか。

たしか、このDirector Videoというのは有料でアップロードできるというやつではなかったでしょうか。このYou Tubeには結構素人に成りすましたプロがいるとか。
[PR]
by ts7dz | 2006-06-12 00:22 | └StarTrek