今年も東京ドームで「東京国際キルトフェスティバル」が開かれてますが、残念ながら足の怪我と遠方ということもあって、行くことは叶いませんでした(;_:)
今日までなんですよね。
私はキルトはメインの趣味ではないんですが、布小物とかも好きなのでとても興味があります。
入場料は2100円とちょっとお高めですが、いつか行ってみたいですね。

あと大きな催し物といえば、4月下旬の「日本ホビーショー」

日本最大の手づくりホビーフェア第39回 2015 日本ホビーショー2015年4月23日(木)~25日(土)

こちらもハンドメイドの大きな展示会です。手芸や工芸を趣味や仕事にしている人にとっては憧れのイベントです。
こちらは1週間催されるキルトフェスティバルと違い3日間しか開催されないので、京都に来る前も仕事などでなかなか行くことができず、いまだ未参加です。
更に最終日は土曜日なので毎回激混みで二の足を踏んでしまっています。
今年は何とか行ってみたいとは思っているのですが、やはり遠方になってしまったのでスケジュール的に合うかどうかわかりません。

京都でも「手作りメッセ」というハンドメイドの展示会が不定期で行われているようなのですが、東京のに比べるとかなり規模は小さいです。今年の告知は出てないので今年はやらないのかなぁ。やはり大きなイベントは東京なのですよね~(;_:) テレビでも大々的に報じたり特番が組まれたりしてましたし。あとは大阪や神戸まで出ないと。地域格差がすごいです。

いろいろ悩ましいです。

ハンドメイド


[PR]
by ts7dz | 2015-01-28 11:11 | おでかけ | Comments(0)

今日は先週土曜日に行ったら、ものすごい人だかりで30分で退散して、ろくに見ることができなかった阪急梅田店の英国フェアのリベンジに行ってきました。

台風一過でしかも平日なので、一抹の不安を感じながら開店の10時ちょっと前に阪急梅田店に到着。
b0018784_23500001.jpg
※これは土曜日に行った時の写真。

入口の前に行くと、既に100人くらい人が集まってきてます。
すぐに開店時間が来ると、みんな走って店内に入って行きます。
お店の人が「走らないでください!」と言っても聞く耳持ちません。
「エスカレーターを歩かないでください!」と言われても、皆さんエスカレーターも駆け上がり、我先にと行く人たちがたくさん。

最終日なのでみんな気合が入っているんでしょうけど、ほぼバーゲンセールと同じノリです。

私は絶対欲しいというものは特になかったし、何か買えればいいやくらいに思っていて、足も痛いしトロトロと9階の催事場へ。
すると10:05くらいだというのに食料品、特にベティーズとマーティン・シファーズの前には長蛇の列。
今回の目玉のベティーズのヨークシャー・ティーローフには整理券が配られ、一番の列ができていました。
結局、1時間ほどで完売してしまったようです。

結局、買ったのはマーティン・シファーズのスコーンのみ。比較的並びやすそうだったので。
ただ、レジ前で気付かずに前の人を追い越してしまったようで、その人に睨まれてちょっとブルーになった場面も。並んでた時からちょっと嫌な予感がしてたのですよ。たまたま同じタイミングで列に入ってきて、「私の方が先なのよ!」って感じがその人からしてたので、面倒になると思って私が下がってたんですけどね。
レジも2つあったし、そんなにガツガツしても一秒の差で売り切れるものでもないのになって思っちゃったんですが、後か先かにこだわってたのかもしれないですけど。

買った後に、ダベンポートのクリームティーセットをイートインでいただきました。

b0018784_23485059.jpg
b0018784_23485084.jpg
b0018784_23485111.jpg

チェリー入りのスコーンにクロテッドクリームとリンゴと桃のジャム。
お茶もたっぷり3杯あったので、お腹タプタプでした。

その後、他にめぼしい物がないか、会場内をグルグル回ってたんですが、私のお財布にはちょっと厳しい値段のものがほとんどだったので、見るだけでおしまいにしました。
紅茶もここであえて買わなくてもいいかなと。

それよりも私が気になったのは、イギリス独特のファブリック類ですね。
b0018784_23485325.jpg
こういうイギリス特有の植物や動物をあしらった柄の生地で作られたものがたくさん。
b0018784_23485292.jpg
このバッグなんかかわいい。生地もボタンも良い。でも、お値段が2~3万円ほどするので見るだけ(^_^;)。

b0018784_23485254.jpg
これもツイードの生地と焼き物のボタンでできているブローチ。
色合いもいかにもイギリスっぽい。
b0018784_23485404.jpg
こちらもツイードの生地で作ってある手作りのポーチ。アップリケのわんこがかわいい。作家さんが来てました。
隣に置いてあるシャツはリバティの生地かな?

私は出来上がった製品よりも材料の生地とか毛糸とかがどうしても気になってしまうので、今回そういったブースはなかったのが残念かな。

1時間半ほど会場内をウロウロして疲れたので、会場を出るとホビーラホビーレがここにもありましたよ~
他にも手芸店が出てたので、嬉しくなってこっちを重点的に見て回りました。
全館的に英国ものを押しているので、催事場以外でも英国産のものを買うことができます。
私はこっちの方が楽しかったりして(^_^;)。

もともとホビーラホビーレはリバティプリントの生地をたくさん扱っているお店なので目の保養になりました。
でも、とてもお高いので今回も見るだけ。マリメッコには負けますけど(^_^;)。
キッドソンの生地を扱っているお店もあったり、イギリスのアンティーク生地やボタンを売ってたりして始終ワクワク。
リバティもキッドソンもマリメッコも手芸をするものにとっては憧れのブランドです。

毛糸もいろいろあったんですが、1玉1500~2000円とかなり値の張るものもあったり、これも目の保養でした。
着分の10玉1パック2万円はダテではありませんでした(@_@)。
百貨店の手芸店はやはり1ランクも2ランクも上でした。


こちらはおまけの写真。先週の土曜日に撮影したものです。
b0018784_23500169.jpg
b0018784_23500163.jpg
イギリスの黒塗りタクシーです。
イギリスではこのタクシーには何度もお世話になりました。
普通のタクシーも便利ですが、このタクシーはやはり違います。
料金は少々張りますが、接客態度も良いし、何しろ車内が広くて乗り心地も良いです。

今回、初めて英国フェアなるものを知って、初めて行ったのでとても楽しめました。
今まで何で気付かなかったんだろうと思いました。
また次回も行ってみたいと思いました。

[PR]
by ts7dz | 2014-10-15 00:43 | おでかけ | Comments(0)