【京都街歩き】夏越しの祓(八坂神社)

八坂神社に着くと、入り口付近は中国人観光客でごった返していました。

b0018784_0184923.jpg


本殿の方へと向かいます。

b0018784_0165446.jpg


岡崎神社では、参拝前に茅の輪をくぐっただけでしたが、八坂神社はちょうど大祓式の神事が始まるところで、急遽参加出来ることになりました。

八坂神社の茅の輪は少し小さいです。

b0018784_0165446.jpg


写真には撮ってないのですが、人形(ひとがた)が配られ、懐紙に一緒に包まれていた藁と小さな紙を指示に従って厄を祓いたい所にかけます。それが済むと人形が回収され、お祓いに入ります。
人形に厄を移して祓ってもらうわけです。

一通りお祓いが終わると、茅の輪をくぐる神事が始まります。
ここでは3回くぐるのではなく1回でした。
ここでも本来のくぐり方は3回のようなのですが、人数が多いので1回になっているのかもしれません。

b0018784_0163128.jpg


b0018784_0175924.jpg


ちなみに茅の輪の茅(かや)は取ってはいけないそうです。
くぐった記念に持ち帰る人がいるそうですが、茅の輪をくぐることで厄を吸い取っていることになるので、持ち帰ることは厄を持ち帰ってしまうことになるからだそうです。

これで大祓式は終わりです。お祓いに参加出来なかった人は、輪をくぐった後に100円の志納金を払うと人形に祈願することができます。
今年の大祓式は今日限りなのでこれで終わりです。
これで今年も半分終わってしまったのですね。

そして、明日7/1からはいよいよ祇園祭が始まります。
祇園祭は八坂神社のお祭りなので、これから毎日とても忙しくなることでしょう。

岡崎神社編へ。

近畿
[PR]
by ts7dz | 2015-07-01 00:33 | 京都の風景 | Comments(0)