善峯寺へ行ってきた

桜が見ごろだというので、善峯寺まで行ってきた。

家の近所は既に散り始めていて、だいぶ花がなくなっていますが、ここは山の上なので
ちょうど見ごろになっていました。
このお寺は最寄駅のバス停から行けるのは知っていましたが、特に興味はなかったので
スルーしてたんですが、ニュースで桜が見ごろになっているというのを知って行ってみようと
思ったわけで。市内は特に面白そうなイベントとかないですし・・・(;_:)

b0018784_23595570.jpg
行ってみて初めて知ったんですが、ここは西国二十番札所なのだそう。
四国の88か所のお遍路がありますが、これは近畿地方版のようなものです。
最寄りの駅のバス停からバスに乗ること約30分。片道350円で行けます。
かなり山の上なので、気温も心なしかひんやり。
桜も低い所よりも若干遅いのかもしれない。
b0018784_00094266.jpg
終点の善峯寺停留所で降りると、バスはお寺の前ではなく山のふもとに着きます。
お寺は山の上にあるので、ここからちょっとした山登り。
かなりの急こう配です。
タクシーで行けば山門まで行けるようですが、ゆっくり全体を見たい場合は
境内に入っても坂がかなりあるので、履き慣れたヒールの低い靴で行かれることをお勧めします。
間違ってもハイヒールで行くと辛い目に逢います。

b0018784_00163643.jpg
もみじがきれい。秋には紅葉も楽しめるとのこと。
b0018784_00175794.jpg
入口です。入山料500円を払って中に入ります。
拝観料ではなくて入山料なんですね。山寺ということなんですね。

b0018784_00224572.jpg
これも桜(?)なんでしょうか。かわいいので撮ってみた。

b0018784_00220056.jpg
観音堂。ここが本堂です。護摩を焚いてもらうこともできるようです。ここで、ご朱印ももらえるようです。

b0018784_00251622.jpg
b0018784_00283578.jpg
最初の見どころの桂昌院お手植えの枝垂れ桜。樹齢300年くらいだとか。
シャワーのように咲いてます。

b0018784_00271680.jpg
b0018784_00272463.jpg
天然記念物の遊龍の松
全長50mくらいあるそう。長すぎてカメラの画面に収まりきれません。

b0018784_00305885.jpg
紫陽花もたくさん植えられています。
6月には紫陽花がたくさん見られるそうです。

そしてどんどん山を登って行くと。
b0018784_00311190.jpg
京都市内が一望できる高台に出ます。

b0018784_00321483.jpg
さらに進むと、眼下に広がる一面の桜。
b0018784_00322616.jpg
b0018784_00322115.jpg

境内には300本の桜が植えられているそうです。
こんな風に山肌にたくさん植えられているとは知りませんでした。
b0018784_00362054.jpg
山肌に植えられている桜を近くで見ることもできます。
枝垂桜が多いように思います。

清水寺の桜は見に行ったことはないのですが、たぶんすごい人出だったと思います。
知名度は低いし、中心部と反対方向なので、ある意味穴場的な桜の名所かと思います。

これから6月には紫陽花、秋には紅葉ときれいな景色が楽しめるようなので、
また行ってみようかと思います。


[PR]
by ts7dz | 2014-04-12 00:40 | 京都の風景 | Comments(0)